GIVENCHYのダウンジャケット
STOCKHOLM SURFBOARD CLUB
のスウェット

ギラギラした夏ではなく静かな冬の海で見かけるサーファーのスタイルはどこか渋く憧れる。ジバンシィのダウンジャケットは海とは直接関係ないが、’70年代のサーファーが着ていたようなさらさらしたナイロンで、ボリューミーなフォルムが古きよきアウトドアのそれを彷彿とさせる。玉虫っぽい絶妙な赤茶色もかっこいい。インナーにはボードシェイパー兼デザイナーのマンネ・グラッドが設立したスウェーデンブランドのスウェットを。サーフカルチャーから着想した軽快でクリーンな佇まいが魅力だ。着るのは海岸近くに住む、シューズブランドOnの田中利栄さん。ランニングはもちろん約20年前に始めたサーフィンをこよなく愛し、冬でもウェットスーツを着て海に繰り出すというヘルシーなライフスタイルを謳歌している。

ダウンジャケット¥520,300/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店) スウェット¥27,000/ストックホルム サーフボード クラブ(エドストローム オフィス) Tシャツ¥9,130(2月上旬発売予定)/イェーアイワークアウト×エースホテル(ジェットン ショールーム) パンツ¥33,000/ウィローパンツ(レショップ 青山店)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:So Hasegawa 
Hair&Make-up:Mikio Aizawa 
Stylist:So Matsukawa 
Model:Toshihide Tanaka
Text:Sayako Ono

SERIES

「UP!」の記事一覧

文化系男子も訪れたい! サーフショップの名店「カリフォルニアジェネラルストア」を知っていますか?

大人文化系サーファーのための、スニーカーと腕時計って?

ステューシー熱、再燃! レザーコートを西海岸マインドで着てみたら…

大人のダウンジャケット、大本命は「ジバンシィ」

【時計も黒じゃないほう】おしゃれな大人の選ぶべき時計はブラウン! 「チューダー」のブロンズウォッチがおすすめな理由

グッチ、エルメス、バレンシアガ…文化系男子の「バッグとその中身」はこうあるべき!

あのアルマーニ本人も愛用する、別格のカシミヤに包まれたい

ジェームズ・ボンドも着用。キング・オブ・カシミアと呼ばれる老舗のニットが日本に本格上陸!

スケートカルチャーの薫りをまとった、大人の定番ワードローブ5選

【大人の新・スケータースタイル】「スーツでスケボー」実はアリなんです。

【プラダ】涼しくなったらまず手に入れるべきは「ダウンベスト」

【買うべきコラボ】今の気分をプラスした、ハミルトンの腕時計とチャンピオンのスウェット

もういつも通りじゃ満足できない大人が、この秋選ぶべき「キャップ」って?