理想はタフだけどハードすぎない一本

まずは、やはりインディゴブルーから。ただあまりにオーセンティックすぎるのは古くさく見えて気分じゃない。その点、コモリの5ポケットジーンズは、昔ながらのタフな風合いを残しながら、渋くもなくヘビーにも見えない。健康的でかっこいい。

コモリが春夏から展開する、定番の5ポケットジーンズ。ライトオンスな生地に、ウエストに対してわたり幅にボリュームをもたせた、遊びのあるシルエット。ウエストを絞ってドレープを楽しみたい。

ジーンズ¥35,200/コモリ(ワグ インク) ニット¥44,000/オーラリー Tシャツ(2枚パック)¥3,850/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター) スニーカー¥25,850/リプロダクション オブ ファウンド(レショップ 渋谷店) ヴィンテージの時計¥970,000/コミット銀座店 ベルト¥28,600/シャルベ(日本橋三越本店)


いいジーンズはバックを見ればわかる

ジーンズをはく際、後ろ姿が様になるかどうかは極めて重要な問題だ。いい年だからって必ずしもヒップアップされて見えるものがいいわけじゃない。むしろゆったりしたお尻まわりにビッグポケット、その武骨さがたまらない。

リーバイスのヴィンテージを元に、ジュンヤ マンの生地を用いてアップデートしたコラボデニム。わたりから裾にかけて太めに作られたストレートシルエットで、股上もたっぷりとっている。ツークッションでゆったりはきこなしてもいいし、ロールアップを楽しむのもいい。

ジーンズ¥44,000/コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(コム デ ギャルソン) ニットベスト¥119,900/クリスタセヤ(ビオトープ) Tシャツ¥6,600/エルイー(レショップ 渋谷店) シューズ¥69,000/ルメール(スクワット/ルメール)


大人になった今ならタックインのよさもわかる

ほかのパンツと比べて世代的にタックインに抵抗があるのがデニム。ローライズならなおさらだ。ただ5ポケットでも、これくらい深みのあるインディゴでミニマムなデザインならスラックス感覚で試してみたい。

さすがはルメールというべきか。けっして過剰じゃない、程よいリラックスフィットが新鮮。ローライズながらウエストはゆったりしているから、ハイウエストではいても腰で落としてはいてもいける。タックインするTシャツは断固白以外! 

ジーンズ¥69,000/ルメール(スクワット/ルメール) シャツ¥36,300/OUTIL Tシャツ¥6,600/エルイー(レショップ 渋谷店) ブーツ¥102,300/チャーチ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 時計は写真一番上と同じ


肉厚な生地にこのウォッシュ感、今ならどうはく?

せっかく王道の5ポケットにこだわるなら、これくらい大胆なウォッシュドブルーに振り切るのもいい。頑張りすぎずに、黒をベースとしたいつものスタイルに、差し色感覚で合わせるとうまくいく。

今季よりデビューした注目の新鋭ブランド、アプレッセ。どのアイテムも、一見なんてことなさそうなのに何か気になる、そんなムードがある。このデニムもしかり。13オンスの肉厚な生地に、全体的にまんべんなくウォッシュアウトされた加工がマッチ。股上を深くして、ヒップまわりにもゆとりをもたせた。

ジーンズ¥30,800/A.PRESSE(アンシングス) ブルゾン¥66,000/カル タートルネックカットソー¥22,000/OUTIL ブーツ¥34,100/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


インディゴブルーだけがジーンズじゃない

最近まで、黒やグレーのスウェットパーカをセットアップで着るのが新鮮だった。でもいつまでもそういうわけにもいかない。まずパーカをこれまでなら選ばないブラウンに、合わせてパンツもブラウンのデニムに乗り換えてみる。それだけでいい感じに見える。

糸を強撚することで、洗っても生デニムに近い風合いが残る、オーラリー自慢のオリジナル生地。ベーシックなインディゴブルーもいいが、ソリッドなブラウンを選ぶのも悪くない。同系色で合わせたスウェットパーカに、サックスブルーで差し色を。シルエットはワイドテーパード。クッションはたっぷりと。

ジーンズ¥26,400/オーラリー スウェットパーカ¥20,900/ケイス シャツ¥28,600/インディビジュアライズド シャツ(メイデン・カンパニー) スニーカー¥16,500/ナイキ(ダメージドーン セカンド) 時計は写真一番上と同じ


セットアップはカバーオール感覚で軽快に

色落ちしたGジャンにジーンズは、さすがにハードル高めだが、濃いインディゴブルーに白ステッチでワークテイストは残しつつ、現代的に振ったシルエットだったら、いつものセットアップ感覚で楽しめる。

人気のシオタとの初コラボ。昔のシャトル織機で織りあげた12.5オンスの白耳デニムは、厚さのわりに滑らかでしなやか。上はドロップショルダー、下もリラックスフィット&テーパード、と今っぽいシルエットだから、セットアップで着てもハードに見えない。

ジーンズ¥35,200・デニムジャケット¥59,400/シオタ フォー グラフペーパー(グラフペーパー) カットソー¥16,500/エイチ ビューティ&ユース ブーツ¥102,300/チャーチ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 時計は写真一番上と同じ



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Masahiro Sambe
Hair:HORI[bNm]
Stylist:Junichi Nishimata
Model:Nozomu Miura