Photo by Kazuyasu Mori



“EQUATION PERSONNELLE”と書いて“エカッションパーソネル”と読む。世の大人男子の、さらに先輩ならば、記憶に残っているかもしれない。


本物を求め続けた往年の名ブランド「エカッションパーソネル」が、元「DRESSTERIOR(ドレステリア)」ディレクターの森万恭(もりかずやす)をデザイナーに迎えて復活・ローンチする。キーワードは“個人主義”だ。



Photo by Kazuyasu Mori



デザイナーの森は、日本有数のアパレル企業であるベイクルーズの創成期(1977設立)から活躍した人物。


90年代セレクトショップブームの一角を担う「ÉDIFICE(エディフィス)」(1994年に渋谷に1号店開店)の立ち上げにも尽力した、アパレルビジネスの酸いも甘いも知り尽くした辣腕として知られている。



Photo by Kazuyasu Mori



記念すべきリローンチの立ち上がりは8月14日。馴染みの顧客が集う「レショップ青山店」の店頭に並ぶ。


このブランドのステイタスを語るならば、それは、復活ローンチのリリースに記された言葉が最適だろう。



Photo by Kazuyasu Mori



about EQUATION PERSONNELLE


ー 個人主義 ー


現存する全ての物や事象に敬意を表し、森万恭のフィルターを通して、表現された形。


素材、縫製併せて、携わって頂く方々の愛情や背景も、その形に宿らせる。


エカッションパーソネルは、働く人、創造する人、動く人、生み出す人などを常にイメージして創作される。



森万恭をよく知るファンに言わせると、紡がれるワードローブは、“知性から生み出される服”だとか。きっと、現代の大人男子の琴線にも響くはず。


本気の服道楽が集う「レショップ」とのセッションが見ものだ。楽しみな大人ブランドが、また1つ増えた。





EQUATION PERSONNELLE re-launch
日時:2021年8月14日(土)
販売店舗:レショップ青山店
住所:東京都港区南青山3-17-3 1F/TEL:03-5413-4714
WEB STORE

Text: Takafumi Hojoh