大溝 大さん(会社員)の着たい服

この夏は「柄と色」を大人買い!


IT企業に勤める傍ら、ファッションをストイックに追求する大溝さん。今回紹介するのは、なんとすべて今年上半期に買った春夏モノ! 「休日は夫婦で南青山のH B&Yやスーパー エー マーケットへ買い物に行くのですが、新しいブランドを見つけるとつい買ってしまいがちです(笑)」。今夏のお気に入りスタイルは「白のトップス×柄物のパンツ×ペールカラーの靴」。「コロナだから明るく、というよりは、やったことがない組み合わせがしたくて。気に入ったアイテムは柄やカラバリで複数買いしたものも。派手な下半身に対して、上はシンプルにまとめています。ほかにもハットやカラーシャツを買ったので、いろいろと遊びながら夏を満喫したいですね」。


JIL SANDERのバンドカラーシャツ
EL NIDO FLIPSのレザーサンダル


CLARKS×SPORTY&RICHのワラビー


BODEのパンツ

NY発のボーディは手芸品にも似たパッチワークや刺繡が特徴。「柄物は以前から着てますが、このブランドを知ってから加速しました(笑)」。三角形の生地を縫い合わせる(左、左下)ような大作の場合、数十万円するものも珍しくない。


NIKEのエア テイルウィンド79


JESUS CANOVASのレザースリッポン

「夏はスリッポンが多いですね。レザーだと、こうした色でもカジュアルになりすぎないから重宝。約3万円という価格もありがたい」というヘスス カノヴァスは、ペールカラー以外のカラバリも含めると10色以上も所有!


SACAIのキャップ

ADULT ORIENTED ROBESのハット


DRIES VAN NOTENのイージーパンツ


VISVIMのスカグウェイ

コンバースの軍用モデルのラストを使ったビズビムの定番。「汚し加工を施すなど、ボーディにも通ずる手作りの感じが気に入っています」。一見硬く見えるソールにはコルクが含まれており、履き心地は思いのほかいい。


ADULT ORIENTED ROBESのハット
ZEPANESE CLUBのロンT
MARNIのスラックス



Photos:Kanta Matsubayashi