アメリカ・フランス・ブラジルのデザインもパねぇ!


開催中の東京オリンピックにて、堀米雄斗(ほりごめゆうと)選手(22)、西矢椛(にしやもみじ)選手(13)の相次ぐ金メダル獲得で熱視線を浴びるスケートボード界。


日本人スケーターのレジェンドであり競技中継の解説を務める瀬尻稜(せじりりょう)氏のポジティブコメントとともに注目されているアイテムが、日本代表公式ウェアである「NIKE SB(ナイキ SB)」のTシャツだ。



ナイキ SB チーム USA スケートボードジャージー
¥12,100



金メダルにあやかって堀米・西矢が着用した日本代表モデルが欲しいところだが、すでにほぼ完売。だが、同じテイストのアメリカ、フランス、ブラジルモデルは、まだ買える。


サイズはXSから2XLまで展開し、ボーイズもある。完売した日本以外の3ヵ国も秀逸デザインなのだ。


アメリカモデルは浅いVネックのネイビーが効いている。グラフィックを手掛けたオランダ人アーティストのピエット・パラ(Piet Parra)は、抽象的なレイヤードアートが持ち味。ちなみに本人もスケートボーダーである。



こちらはフランスモデル。左胸には国旗が施されておらず、白地でタウンユースでの活用度も高そう。安易なトリコロール配色を謳わない、ピエット・パラならではのアプローチが冴える。


アイコニックなエッフェル塔も描かれており、パリコレにシンパシーを感じてしまうファッションアディクトな大人男子にお勧めだ。



ナイキ SB フランス スケートボードジャージー
¥12,100



“大人ストリート”に響くデザインでありつつ、意識の高いサステナブルアパレルでもある本シリーズ。


リサイクルポリエステル繊維100%の上質なニット素材には、「ナイキ」が誇る「Dri-FIT」テクノロジーが注入されており吸水・速乾性もある。ジムウェアやランニングなど、スケートボード以外にもハマるだろう。



ナイキ SB メンズ スケートボード リンガー ジャージー
¥12,100



ブラジルモデルはリンガーTシャツのようなトリムデザインで、自然に着想したグリーンがキーカラー。キャンプやトレイルラン、スポーツクライミングで着ると気分もアガりそう。もちろん、ブラジル出張で着てもよい!?



本大会から公式種目として採用されたスケートボード、そして日本選手の相次ぐ金メダル獲得と、すでにこの夏イチの記念碑的公式グッドデザインを、是非手に入れておこう。



(右端)ナイキ SB メンズ スケートボードクルー
¥12,100



「ナイキ SB」の公式ヴィジュアルにも堀米雄斗選手の姿が。オンラインでは完売した日本モデル、もしどこかの実店舗で見つけたならば迷わず買いだ。




<問い合わせ>
NIKE SB

Text: Takafumi Hojoh