ユニクロの、デニムを全部、はいてみた。


UNIQLO(ユニクロ)」プレスルームにて、メディア関係者を対象にした2021年秋冬新作ジーンズの試着会が開催された。


そこで、大人男子が買うべきデニムを厳選すべく、試着ルポを決行。今秋冬は細いって、本当?



プレスルームには秋冬新作デニムの全型が勢揃い。


ちなみに、現状の「ユニクロ」公式オンラインストアで「ジーンズ」のキーワードを検索すると、なんと40本近いバリエーションが検出される。


これに新作の秋冬モノが加わるとなると、迷って選べなくなること必至。こちらの記事を参考に狙いを定めて欲しい。



今秋冬に発売される「ユニクロ」のジーンズは、シルエットの細い順に「1.スキニー」「2.スリム」「3.レギュラー」の3型。それぞれに色落ち加工やカラーのバリエーションが加わる。



さっそく最も細い「スキニー」から試着していこう。着用してくれるのは、UOMO本誌でもおなじみのモデル松本雄司だ。


すべて秋冬の新作だが、一部すでに販売中のアイテムもある。




ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ ¥3,990



驚きの細さ!


まずは、今回のラインナップの中でも最も注目すべき「ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ」から。


ストレッチ素材入りのスキニーデニムは、綿90%・ポリエステル6%・ポリウレタン4%の素材構成。松本雄司は身長181cmで30インチを着用している。



横からのシルエットがこちら。



松本:最近の撮影では緩いシルエットのジーンズばかりに慣れていたので、この細さは新鮮です。


「ユニクロ」のジーンズイノベーションセンター渾身の力作。足首まではりつくスキニー具合だが、ストレッチ素材や脇割りシームで見た目とは裏腹に全く窮屈さを感じない履き心地が新しい。




ウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズ ¥2,990



そして、同じスキニーシルエットでカラーパンツも登場。


インディゴデニムの細さが気に入ったなら合わせて大人買い必至の「ウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズ」は、グレー、ベージュ、ブラウン、オリーブの秋らしいカラバリだ。サイズはインチ表示ではなく、XSから4XLまで。価格も1,000円安く、コスパも高い。



松本:あっ。赤耳を発見。


驚きの細さと、見た目とは裏腹の快適性が魅力だった「スキニー」の次は、「レギュラー」を試着。今回のラインナップの中ではもっとも太めのストレート型で、安心感のあるシルエットだ。




セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ ¥3,990



こちらが「セルビッジレギュラーフィットストレートジーンズ」。コットン100%の13.5オンス。


毎シーズンディテールやシルエットに微細なマイナーチェンジが施され、進化を続けているモデルだ。



太めにもかかわらず、脚長効果も!


自然なテーパードで無骨さは見受けられない。ジャケットと合わせてビジネス使用にも耐えうるクリーンなリジッドジーンズだ。松本は32インチを着用。



先の「スキニー」と比較すると、「レギュラー」は脚へのフィット感は少なく、昨今のリラックスフィットのパンツに慣れている大人男子も安心して履きこなせそう。クリーンにはくならジャストサイズで、ストリートっぽく着こなすならインチアップしてもいい。


そして、加工時の水の使用を最大90%以上抑えたウォータレスウォッシュ製法で環境にも配慮。サステナブルな意識も申し分ない優等生ジーンズなのだ。



濃いインディゴの風合いに惚れ惚れ。


もし、「ジーンズはコットン100%の赤耳が絶対!」というこだわりがあるならば、伝統的な手法で作られたオーセンティックなこちらを購入しよう。カイハラ社と開発した本格赤耳セルビッジデニムは期待を裏切らない。




ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ ¥3,990



前半は以上。が、商品タグが気になる松本。


松本:同じ「レギュラーフィット」のリジッドデニムかと思ったら、「スリムフィット」を発見しました。ちょっとだけ細いのかも。素材構成も違う・・・。


3型目の「スリム」のリジッドは綿100%ではなく、ポリウレタンが2%入ったストレッチ素材を採用。はき心地も異なるに違いない!



どれを選ぶか迷ってしまうほど史上最大級にラインナップが充実している「ユニクロ」の新作ジーンズ試着会ルポ。「スキニー」と「レギュラー」の前編に続き、後編ではその中間に位置するシルエットの「スリム」を紹介する。


実はその「スリム」には、衝撃のディテールが!?


(後編につづく)




<問い合わせ>
UNIQLO

Model: Yuji Matsumoto
Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh