UNIQLO and JW ANDERSON|2021年4月23日発売



2021年春夏シーズン、掘り出しモノはまだある!


グローバルブランドの「UNIQLO(ユニクロ)」が誇る3つの特別コレクションから、オンラインでまだ在庫がある掘り出しモノを総ざらいする発掘企画をお届け。まずは、4月に発売された「UNIQLO and JW ANDERSON(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」を総ざらい。


ラインナップを振り返ると、黒は皆無で、ミニマル趣向に食傷気味の大人男子に響くカジュアルが多かった。





①シャンブレーオーバーサイズワークシャツ ¥1,990



陽気なハッピーテイストは、真夏の今だからこそ着たくなる。中でも、爽やかなシャンブレー素材のオープンカラーシャツがイチ推し。デニムと相性よさげなブルーであれば、サイズはまだXS~XLまで揃っている。


裾に“JW”のワンポイント刺繍入り。ビッグポケットにミニ財布を放り込んで、手ぶらで着流したい一着だ。





②ブランケットステッチT ¥990 【※値下げ】



今春夏の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」のテーマである“アートアンドクラフト”を、胸ポケットのブランケットステッチで表現したTシャツは、5色のうちホワイトのみ、サイズはXXLのみ在庫あり。買うなら今だ。


なんと、シーズン終盤につき3ケタ価格にプライスダウン。掘り出しモノ探しには、こんなラッキーもある。



洗濯&乾燥機で確実に縮むラフなコットン100%なので、ビッグサイズ好きには問題ないはず。


カントリーテイストのちょっとした遊びゴコロが小気味よい。できれば実店舗で、肉厚なコットンの手触りを確かめて欲しい。「ユニクロ ユー」のエアリズムTシャツや「+J」のスーピマコットンとは大きくかけ離れた、アメカジのような粗野なカジュアル感が最大の魅力なのだ。




Uniqlo U|2021年1月22日発売



2ブランド目は、1月に発売されたパリ発の「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」から、3型のTシャツをピックアップ。


発売当時は真冬で半袖のイメージが沸かず、しかも同じ「ユニクロ ユー」にも関わらず三者三様のサイジングで、悩んだ挙句に半年経ってしまったかもしれない。


幸いにも、白や黒などのベーシックカラーのメインサイズはギリギリ在庫あり。そろそろ決めよう。





③エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ ¥1,500



パリのデザインチームを率いるクリストフ・ルメールの意欲作、今春夏のエアリズムTシャツもまだ買える。


表地のコットンと裏地のエアリズムをドッキングさせた滑らかな肌心地は、先の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」のポケTとは全く異なる魅力がある。


素材は綿53%・ポリエステル30%・複合繊維17%の比率だ。ユニクロ公式も特設ページでアドバイスするほどのサイズ感の違いは、図解(各Mサイズ)を参考に。





④オーバーサイズクルーネックT ¥1,500



「ユニクロ ユー」の2着目はオーバーサイズクルーネックTシャツだが、ポケTと憶えた方が判別しやすい。


こちらはコットン100%で、3型を同サイズで比較すると最も大きい。ドロップショルダーでポケットも重なり、しかも地厚なので秋冬のインナーには向かない。このTシャツを軸にした夏のスタイリングで映える。





⑤クルーネックT ¥1,000



そしてなんと、「ユニクロ ユー」では普通のレギュラーフィットTシャツも作っている。コットン100%で首元の縫製もしっかりしており、白でも下着感はない。


この無地Tシャツにジーンズを合わせるノンシャランな着こなしこそ、パリ発の「ユニクロ ユー」らしさなのだ。


蛇足だが、コラボ以外の「ユニクロ」本体には、このクルーネックTシャツのサイジングに近いエアリズムTシャツも存在し、さらに迷う。しかも、店頭では隣に陳列されていたりする。本稿を参考に、事前準備必須だ。



ちなみに、ブラウンのワントーンが、2021年春夏の「ユニクロ ユー」を象徴するスタイルだった。実は、来秋冬もさらに濃いブラウンがキーカラーになっている。


新鮮なブラウンカラーの商品は1月中にほぼ完売していたが、まだ購入できるアイテムがある。





⑥テープサンダル ¥1,290 【※値下げ】



それは、茶系オレンジとオリーブのサンダル2色。各XXL(27.5~28cm)のみ在庫あり。アジャスターでしっかり締めるならば、XXLでもそれほど問題ないかも。


プライスダウンも嬉しい。なお、ブラックは完売。



+J|2021年3月19日発売



そして、掘り出し物探しの3ブランド目は、今春夏も大人気だった「+J(プラス ジェイ)」だ。


ズバリ、狙いはホワイト。卓越したマーケティングを基にしたピンポイントな生産体制で、真夏に着たいホワイトのアイテムが、7月末まで残っているのだ。





⑦セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ ¥3,990 【※値下げ】



発売当初の3月はリジッドが注目を集めたが、真夏の今こそ、オフホワイトのデニムをリコメンド。サイズは29~33インチのセンターサイズが揃っている。


ちなみにホワイトのボトムは、「ユニクロ ユー」や「ユニクロ アンド JW アンダーソン」には存在しない。



今春夏らしいピュアな「+J」スタイルを公式ルックから紹介。上下を白で統一した“大人のユニクロ”だ。


最大のネックは、スリムなのかストレートなのか判別しづらい“スリムフィットストレート”のサイズ感。素材の内訳が綿99%・ポリウレタン1%で、ごく僅かにストレッチが入っている。多少タイトめを選んでもよいだろう。





⑧スーピマコットンリラックスフィットクルーT ¥990 【※7月29日まで期間限定価格】



数多くのメンズサイトやYouTubeで絶賛されている2021年春夏の「+J」最大の名作が、スーピマコットンTシャツだろう。毛羽立ちが少なく滑らかなコットン100%の風合いは、奇麗めの着こなしに1年中重宝する。


ホワイト・グレイ・ダークグレイ・ブラック・ピンク・オリーブ・ネイビーの全7色。オンラインにはXS~4XLサイズまで、全色・全サイズの取り揃えがある。


まだ購入していない大人男子は、騙されたと思って、7月29日までの限定価格のうちにゲットしよう。ホワイトの次は、ピンクやネイビーなどを加えてもいいかも。





⑨リラックスフィットポロシャツ ¥1,290 【※値下げ】



2021年夏の流行語になった、“おじさんぽく見えないポロシャツ”の筆頭株。ホワイトはXS~4XLまでの全サイズ、ブラックもLサイズの在庫がある。


画像では判別しづらいが、スウェットの裏毛に似たインレイ素材のコットン100%にシルク調の風合いが出るマーセライズ加工が施されており、先のスーピマコットンTとの素材感の違いは顕著。ジャケットスタイルのインナーにも存在感を発揮するビューティフルポロだ。





⑩スーピマコットン オーバーサイズスタンドカラーシャツ ¥2,990 【※値下げ】



「ユニクロ」が誇る今春夏の特別コレクション「ユー+JW+J」を総ざらいした“まだ買える掘り出しモノ”、最後の10品目がこちら。心地よいスーピマコットンを使用したオーバーサイズスタンドカラーシャツだ。


現時点ではXLのほか、同商品の海外サイズもあり、ある程度はサイズ欠けがカバーされている。



白シャツは、ジル・サンダー女史の基本アイテム。しかも、現時点では、「+J」の来秋冬のローンチアナウンスが未定のままなのだ。後の伝説になりそうなヘビロテシャツは、掘り出しモノの域を超えている。


ここで紹介したアイテムはどれもが在庫僅少。色欠けやサイズ欠けする前に、迅速な総ざらいチェックをお勧めする。明日には完売しているかもしれない・・・。




<問い合わせ>
UNIQLO

Text: Takafumi Hojoh