UNIQLO × Theory|2021年5月14日発売



こんな機能スーツがまだ残っていたとは!


UNIQLO(ユニクロ)」が誇る特別コレクションから、オンラインでまだ在庫がある掘り出しモノを紹介する発掘企画の続編をお届け。「ユニクロ ユー」「JW アンダーソン」「+J」の次は、5月14日に発売された「UNIQLO × Theory(ユニクロ × セオリー)」を総ざらいする。


発掘したショーツスタイルの黒スーツは、クリエイティブなビジネスマンにぴったりだ。在庫僅少!






①感動ジャケット ¥5,990 【※値下げ】



掘り出しモノの「感動ジャケット」は単品売り。スーツ地ではなく、夏でも快適に羽織れるスポーティなエステル素材だ。グレイ・ブラック・ネイビーのカラバリで、各M~XLサイズの在庫が残っている(写真はネイビー)。



フラップポケットでもパッチポケットでもなく、ブルゾンのようにサイドに施された縦開きのジップポケットが面白い。胸ポケまでもそぎ落とし、ジャケットの概念を覆すノイズレスな見た目にこだわったデザインだ。





②感動イージーショートパンツ ¥2,990



別売りで対になる感動イージーショートパンツがこちら。ショーツの現在庫はブラックのM~XLサイズのみ。つまりブラックなら、上下セットアップでの購入が可能。最も汎用性のあるカラーであり、さらにプライスダウンしている今、買わない理由が見つからない。今なら上下合わせても9,000円未満で購入できるのだ。



ショーツの裏側から。


ベルトループとウエストゴムがコンビになったディテールが、大人のスラックススタイルを容易にドレスダウンに導いてくれる。ポケットの内側はメッシュ仕立てで通気性もある。見えない箇所までこだわりが行き届いている。



通常のスラックスポケットの隣には、貴重品を収納できる縦開きジップポケットが並ぶ。一般的なスーツとは趣きを異にしたスポーティなスーツの提案は、“文化系スポーツウェア”のカテゴリーに入りそうだ。



大人男子にとって、米国・NYで1997年に誕生した「セオリー」が、2010年から「ユニクロ」を手掛けるファーストリテイリング傘下に納まった背景はもはや常識だろう。そのせいなのか、本コラボは両ブランドの個性が喧嘩せず、素材とデザインの相性がすこぶるよい。


Vゾーンにフィールドパーカーを差し込むと、さながらNYのビジネスマンのよう。自転車通勤したくなる。





③感動イージーパンツ ¥3,990



もちろん、ショーツの替えパンツになるイージーパンツ型スラックスも用意。現状のサイズ在庫では、グレイ・ブラック・オリーブ・ネイビーの4色すべてで、XXL~4XLまでサイズ欠けなし。ブラックはMから揃っている。



ここで紹介したアイテムはどれもが完売間近。体型に応じて上下でサイズを変えるなら、色欠けやサイズ欠けする前に、迅速な総ざらいチェックをお勧めする。


盲点だった、「ユニクロ × セオリー」の黒スーツ。明日には完売しているかもしれない・・・。




<問い合わせ>
UNIQLO × Theory

Text: Takafumi Hojoh