確かにこれまでのキーンとは全然違う

池田尚輝さん(43歳/スタイリスト)
サンダルはキーン×エンジニアド ガーメンツ。「『ユニークスライド』の別注って目のつけどころがマニアックで面白い。つっかけ感が楽で、スタジオ撮影時のサブ靴にも最適。それでいて、レザーの上質さも感じられる」。古着のエイチバーシーのウエスタンディテールのパンツに合わせて。


革靴が好きなので、その延長でサンダルも履きたい

濱本仁さん(42歳/ディストリクト ユナイテッド アローズ マネージャー、セールスマスター)
「ドリス ヴァン ノッテンのサンダルを白いソックスに合わせて革靴感覚で履いてみました」。オレンジのバンドカラーシャツとシャンブレー地の涼しげなディストリクトのパンツに合わせて、上品なワークスタイルを構築。


着こなしがラフになる夏は足元で高級感を出す

古明地拓朗さん(30歳/レショップ プレス)
「軽装になる夏こそ、足元は高級に見えるものを合わせたい」と選んだのは、フラテッリ ジャコメッティのサンダル。「ウェアはゆるっとしたシルエットで脱力しつつ、クリーンなカラーでまとめることで、足元とのバランスをとりました」。リネンのボトムはウィローパンツ。



Text:Misato Kikuchi