ボッテガ・ヴェネタ 表参道フラッグシップ
住所:東京都渋谷区神宮前5-1-5
営業時間:11:00~20:00
TEL:03-5962-7630



表参道の緑に吸い込まれそう。


ファッションブランドの旗艦店が軒を連ねる東京・表参道の地に、ミラノコレブランド「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」の旗艦店がグランドオープン。


国内53店舗目となる「ボッテガ・ヴェネタ 表参道フラッグシップ」は1階から3階までの3フロア構造。ウィメンズとメンズのプレタポルテのほか、バッグ、シューズ、革小物、ベルト、ファインジュエリー、アイウェアまでの全ラインナップが揃う総本山としての位置づけだ。



オープン当日の夜には、日本屈指の打楽器奏者である高田みどりを店内に招いたライブパフォーマンスが披露された。また、このイベントから6月21日まで、ファサードはグラフィックデザイナーのHagihara Takuyaによる緑のグラフィックデザインで覆われており、こちらも必見。


このグリーンをキーカーラーに据えたインスピレーションは、同じく6月21日に配信されるデジタルジャーナル(年4回発行)「Issue 02」と共振するとのこと。



THE PUDDLE ※表参道先行カラー
¥75,900



表参道フラッグシップ先行アイテムも登場。キュートなフォルムで人気のラバーブーツ「PUDDLE(パドル ブーツ)」のグリーンが、数量限定でラインナップしている。クリエイティブ・ディレクターのダニエル・リーが手掛ける「Wardrobe 02 Collection」とともに、ブランドの旬を一発で享受できるアイテムだろう。


大人男子に響く魅惑の商品ほか、ラグジュアリー極まる「ボッテガ・ヴェネタ 表参道フラッグシップ」の内装は、ぜひ、この週末に来店して確かめて欲しい。



ダニエル・リーの鋭敏な感覚が浸透した店内は、マルモリーノと呼ばれる伝統的なイタリア漆喰(しっくい)が手作業で塗られた最高級の白壁で構築されているとか。


建築面からの注目ポイントは、マルモリーノの白壁のほか、敷き詰められた荘厳な大理石、アーティストの Studio Nucleo とのコラボテーブル、ネパールの職人が綿基布に人力で糸を打ち込んだという気が遠くなるような工程を経た植物性染料使用のカーペットなど。


足を踏み入れた瞬間、「ボッテガ・ヴェネタ」が誇るラグジュアリーの真髄を体感するはずだ。




<問い合わせ>
BOTTEGA VENETA

Text: Takafumi Hojoh