YAECA
プルオーバーのセットアップ

ほっこりしているけど抜けすぎてない絶妙なバランス

忽那洋平さん (TEAM UOMO)
サイドポケットやスナップボタンからヤエカらしさが伝わる。これは買いたい!

安武俊宏さん (BEAMS プレスチーフ)
作業着っぽい雰囲気が新鮮! ヘビーオンスのやや張り感のあるコットンで、着込むと生地が馴染んでいい感じになりそう。丈感はいいのに、脇のたるみが気になる。

川辺圭一郎さん (TOMORROWLAND PR)
野暮ったくなるかと思いきや、着てみるとドレープが出て上品に見える。フロントのボタンを外して着れば、気張らずサマになる。久しぶりにヤエカのよさを再認識。

ジャケット¥46,200・パンツ¥31,900/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア)


Personal Effects
ワークジャケットのセットアップ

ワークウェアなのに武骨に見えない!

松川 総さん (スタイリスト)
ワークジャケットにペインターパンツの組み合わせでも、タフに見えすぎず品がある。裾が絞れたり、ドローコードがレザーだったりと細部まで気がきいています。

柳 雅幸さん (MAIDEN COMPANY プレス)
ブルーグレーのニュアンスのあるカラーがいい。ネップの入った生地感も素朴な雰囲気を後押し。飽きずに長く着られて、着込むほどに味が出てきそうで楽しみ。

尾崎雄飛さん (SUN/kakke デザイナー)
イギリス人が作りそうなムードがある。こだわりすぎていないのが逆にいい!

ジャケット¥74,800・パンツ¥52,800/パーソナル エフェクツ(MACH55 Ltd.)


COMOLI
ジャケットのセットアップ

藤村雅史さん (アートディレクター)
チャイナジャケットっぽいデザインだけど、ヨーロッパの昔の医療用ガウンがベースになっているという意外性が面白い。ニュートラルなブルーのかすれた色合いや刺し子のような質感の生地にヴィンテージっぽさが漂う。

上下のサイズ
バランスが秀逸


川辺圭一郎さん (TOMORROWLAND PR)
ひもまでボディと同色だからとても着やすいですね。ちょっと贅沢ですが(笑)、部屋着としても使いたい!

自宅でも外でも
ずっと着ていたい


ジャケット¥68,200・パンツ¥52,800/コモリ(ワグ インク)


is-ness
ジップブルゾンのセットアップ

楊井一博 (UOMO編集部)
軽快なシャカシャカ素材が個人的に気になっていて。振り切ってるけど計算されたイズネスらしいオーバーサイズも決め手です。

泉 敦夫さん (スタイリスト)
フロントジップを全部閉めたら、ストリート感のあるジャージーのセットアップっぽく見えるのが面白い。男らしい色とポケットの程よい大きさも好きですね。ただ、首元のテープの使い方が少し難しいなと思いました。

ジャケット¥42,900・パンツ¥24,200/イズネス(alpha PR)


MANÉR
ノーカラージャケットのセットアップ

畠中将秀さん (オーバーリバー PR)
カノニコの生地の上質なドレープ!

中野健吾 (UOMO編集部)
スウェーデンブランドらしい温かみのある色とさらりとした生地のギャップがかわいい。ノーカラーなので、ミニマムな雰囲気にまとまる。パンツのシルエットが少し野暮ったく感じる。

ジャケット¥85,800・パンツ¥52,800/マネール(トゥモローランド)


NEUTRALWORKS.
アノラックパーカのセットアップ

行方 淳さん (エディター)
涼しくて、軽くて、品もある。万能!

原 太一さん (シェフ)
自転車に乗るときに便利な、こんなセットアップが欲しかった。ブルゾンの背面にはベンチレーションがついているし、ガバッと着られちゃう感じがいい。パンツに切り替えが入っているのもおしゃれ。

ジャケット¥26,200・パンツ¥22,000/ニュートラルワークス.トーキョー


blurhms
ジャケットのセットアップ

中間色とテクスチャーで見た目も着心地も涼やか

古明地拓朗さん (レショップ マネージャー)
ヨーロピアンミリタリーのような雰囲気に惹かれた。リネンに硫化染めを施したというニュアンスのある色味も好きですね。メタルのボタンも味があっていい。

鶴田悠介 (UOMO編集部)
風をはらむようなリラックスフィット。生地たっぷりで、着込んだような落ち感も渋い。

中室太輔さん (muroffice ディレクター)
余裕のある大人、って感じ。リネンのジャケットは脱いでもがさつに扱えるし、シワがついてもそのシワが逆に雰囲気を上げてくれる。夏はサンダルを合わせたい。

ジャケット¥46,200・パンツ¥37,400/ブラームス(ワンダリズム)


GALERIE VIE
マリンスモックのセットアップ

ボタンを全部留めてフードを立たせてもよさそうです

小林順平さん (BEAMS イベントプランナー)
立体的なフードがきれい。生地に張りがあるのでピッと立つ。着丈は短めで、ワイドなシルエットが好み。ウエストのドローコードでシルエットに変化もつけられる。

佐藤リッキーさん (デザイナー・YouTuber)
アメリカ海軍のサルベージパーカがヒントになっているとあって男らしい雰囲気だけど、くすんだブルーで品もある。上下で着ると作業着っぽく見える危険性も。

洒井雅博さん (農家)
アノラックタイプで首元のデザインが面白いけど、どう着るのが正解なのか悩ましい。

ジャケット¥47,300・パンツ¥28,600/ギャルリー ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi(Person) Mitsuo Kijima(Still)
Stylist:Atsuo Izumi
Text:Masato Nachi