第11位
OUR LEGACY ビッグBDシャツ

透けるように薄いコットン生地で仕立てたオーバーサイズシャツ。旬なリラックスパンツとの相性も抜群だ。

シャツ¥25,300/アワー レガシー(エドストローム オフィス) Tシャツ¥13,200/エイトン(エイトン青山) パンツ¥18,700/サンスペル フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)


高橋正典さん(スタイリスト)
同ブランドは何枚か持っているが毎回ハズレなし。

山本雄生さん(フォトグラファー)
涼しげな薄い生地ながら艶っぽくない透け感で夏も安心。広い身幅に対して腕の長さが自分だとやや足りないのが残念。

中野健吾(UOMO編集部)
重い黒をガーゼのように薄い生地で軽やかに見せている点がツボだった。アウターのようなビッグシルエットだけど、タックインしてたっぷりしたブラウジングを楽しみたい。ここまでドレープが美しく出る生地なら、襟はボタンダウンで固定するのではなくレギュラーカラーではためくくらいがよかった。ボタンを外せばいいのだが。

第12位
DAIWA PIER39
ファティーグジャケット

人気急上昇のフィッシングブランドによるショートジャケットの機能性に絶賛の声多数。

ジャケット¥31,900/ダイワ ピア39(グローブライド) シャツ¥28,600/ヘリル(にしのや) スウェットパンツ¥28,600/サイベーシックス(マスターピースショールーム) ニットキャップ¥8,800/キジマ タカユキ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)


斉藤紘士さん(会社員)
いまの時代に必要なディテール全部のせ。

梅原輝夫さん(会社員)
袖口や首まわりなど絞るところは絞った、ただデカイだけじゃない美シルエットで欲しくなる。それでいてプライスも良心的。ただ一つ難点なのは、人気がありすぎてなかなか購入できないこと…。

中室太輔さん(muroffice ディレクター)
ミリタリーから着想された稀な釣り服。永世名品を見越して、普遍的なシルエットになるといい。

第13位
KAPTAIN SUNSHINE×BERNARD ZINS
ツータックチノパンツ

古きよきチノパンがモダンな姿に。

パンツ¥42,900/キャプテン サンシャイン×ベルナール ザンス(キャプテンサンシャイン) シャツ¥36,300/サイ(マスターピースショールーム) ベルト¥16,500/アンドレア ダミコ(ビームス 六本木ヒルズ) スニーカー¥17,600/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室)


西野大士さん(NEAT デザイナー/にしのや ディレクター)
軍チノをここまでドレッシーにする力量がすごい。

森山真司さん(District UNITED ARROWS セールスマスター)
チノパン好きな自分はクラシックで普通を追求する姿勢にぐっときた。アメリカ的な生地と太さ。模範回答の一つ。

松岡 歩さん(会社員)
ベルナール ザンス特有の上品さを、タックの入れ方や裾幅などでより引き出しているキャプテン サンシャインの控えめな別注の仕方が好印象。まだスタメンにしたいと思えるチノパンに出会えていなかったので、これはぜひ買いたい。手持ちのドリス ヴァン ノッテンやルメールなどモードな服とも無理なく馴染みそう。

第14位
marka デニムセットアップ

武骨なデニムの組み合わせながら目に優しい白で繊細な雰囲気にまとまっている。

ブルゾン¥31,900・パンツ¥26,400/マーカ(PARKING) シャツ¥25,300/ブラームス(ワンダリズム) Tシャツ(3枚セット)¥2,200/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ソックス¥3,740/パンセレラ(真下商事) シューズ¥72,600/パラブーツ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)


宮田恵一郎さん(エディター)
セットアップを着る理由はカッコつけたいからか、ラクだからかどちらかだと思うけど、これは前者だと思う。ジャケットは今っぽいボックスシルエットで、パンツも太めなのでラクではあるのだが。ピュアホワイトではなくオフホワイトなので太陽の下で着ても恥ずかしくない。

楊井一博(UOMO編集部)
色も生地もやわらかい。野暮ったく見えないデニムオンデニム。買おう。

髙橋義明さん(モデル・アーティスト)
白がまぶしくないから落ち着いて見える。これを着ていたら優しい気持ちになれる。休日にクリーンに着たい。

杉浦靖隆さん(TEAM UOMO)
パンツ丈がジャストなだけで洗練されて見えるから不思議。

野口聖純さん(TEAM UOMO)
デニムセットアップのハードなイメージを覆された。素材はマーカだから安心して着られる。上下どちらも好きだけど、実際は両方買って別々に単体で着たいと思う。

第15位
kontor リネンウールスラックス

イギリス人デザイナー、ジョージ・コール氏により2020年秋冬にスタートした日本ブランド。衣服のゆとりを日本的な「間」としてとらえ、フォルムを追求したデザインが特徴のスラックス。

パンツ¥35,200/コントール(アンシングス) スニーカー¥13,200/コンバース(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) ブルゾン¥53,900/CFCL ソックス/私物 


小川翔平さん(会社員)
タックの入ったパンツが好き。リネンのごわごわした肌触りもいいし、ウールの柔らかさも少しあってバランスがいい。

津島大地さん(通信販売)
かすれたグレーの色も好みだけど、テーパードは控えめで、はいてみると惚れ直す、裾まで太いシルエットがいちばんのポイント。

木下古栗さん(小説家)
さらさらしているのに張りがある、リネンとウールのいいとこどりな生地使いに惹かれる。

飯垣祥大さん(スタイリスト)
お尻まわりがゆったりしていて座っても窮屈でなくノンストレス。

斉藤紘士さん(会社員)
昔ながらのクラシックなツータックスラックスに見えてウエストがゴム仕様だったり、いま欲しいリラックスしたはき心地を味わえる。濃いグレーで合わせやすい。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Reiko Toyama
Hair:HORI[bNm]
Stylist:Toshihiro Oku
Models:Jeremy Tema Scott