SOPHNET. AND SUNSPEL
ジップアップパーカ

豊島優樹さん (バリスタ)
安定の肌触り。ターコイズブルーが映えるように、上品なスラックスで合わせたい。

田中 望さん (Revolution PR)
フルジップのパーカ探していました! トレンドのオーバーサイズに流されない感じが逆に好印象。バックのロゴはもう少し小さめが好みかも。

¥28,600/ソフネット アンド サンスペル(サンスペル 表参道店)


FilMelangeトレーナー

中室太輔さん (muroffice ディレクター)
モノ自体が素晴らしいので、10年後も20年後も着られそう。ジャストなシルエットと、リブのテンションが今の気分とマッチしています。

忽那洋平さん (TEAM UOMO)
ジャストサイズに新鮮さを感じます。素材がソフトで、身体にすんなりと馴染む。

思いきって攻めの赤!


¥24,200/フィルメランジェ


HIGH! STANDARDトレーナー

楊井一博 (UOMO編集部)
タフでオーセンティックだけど、シルエットが今っぽくて好みです。ワイドな身幅や肩の落ち具合、値段、そしてアメリカ製ということまですべてがこなれて感じられるスウェット。これは買いですね。

髙橋義明さん (モデル・アーティスト)
着てみると案外、重さは気にならない。

クラシックなのに着心地は軽い


¥13,200/ハイ!スタンダード


VESTIハーフジップスウェット

仲田 祥さん (TEAM UOMO)
こんな時代だからこそ、なんてことないゆるい感じに惹かれる。価格も優しくて最高。

吉﨑哲一郎 (UOMO編集部)
地厚ではない生地が柔らかくて好きなタイプ。なんてことない佇まいを醸しつつも、さりげなく小さなジップがかわいくて仕方がない。

¥7,480/ヴェスティ(フォーチュン チー ジャパン)


H BEAUTY&YOUTHスウェットパーカ

松川 総さん (スタイリスト)
Hのパーカは毎シーズン買っていてフードの大きさがちょうどよく、シルエットも潔い。

西野大士さん (NEAT デザイナー にしのや ディレクター)
チャンピオンの古着パーカもいいけど、やっぱり鮮やかな色も着たい。発色も腕まわりも抜群によく、文句のつけどころがありません!

この春はちょっとグリーンが気分


¥23,100/エイチ ビューティ&ユース


DAIWA PIER39スウェット

高津戸真吾さん (ÉDIFICE プレス)
キメ細かい生地、発色ともに◎。!

霜降高明さん (alpha PR)
鮮やかなブルーがヴィンテージっぽくていい。硬いとすぐに肩が凝るけど、これはスポーツウェアみたいなドライで軽い素材がいい。身幅はゆったりでいいけど、少し袖のもたつきが気になるかな。

独特な素材感…さすがダイワ!


¥12,100/ダイワ ピア39(グローブライド)


NEUTRALWORKS.
スウェットパーカ

こだわりたっぷりのデイテールに自然と惹かれる

原 太一さん (シェフ)
これくらいビックシルエットだとプルオーバーのブルゾンっぽくて意外といいかも。

小池義浩さん (システムエンジニア)
身幅はあるけど、腕まわりはシェイプされているのでメリハリのあるシルエットに。珍しい後づけタイプのフードは頭を通しやすい、気がきいたデザインですね!

松本雄司さん (モデル)
仕事のときはスーツのことが多いので、オフはこれくらいゆるいシルエットでもいいですね。この袖口のひもって片手で調節するのちょっと難しくないですか?(笑)

¥19,800/ニュートラルワークス.(ニュートラルワークス.トーキョー)


LOS ANGELES APPAREL
スウェットパーカ

こんな曖昧な色味をいい感じに出せるロスアパに脱帽です

古明地拓朗さん (レショップ マネージャー)
このかさついたような風合いと色味は好み。見た目ほど重さも気にならない。せっかくビッグシルエットなので、フードに存在感があるとバランスがよかった気も。

鶴田悠介 (UOMO編集部)
リブがある程度キツいから、サイズアップして着てもだらしなくならなそう。

眞野聖平さん (理学療法士)
生地の表情や、微妙に濃淡のあるカラーリングに惹かれます。シルエットも好みなので、あとはフードがひも付きでボリュームが調整できると、さらによかった。

¥11,330/ロサンゼルス アパレル(ロサンゼルス アパレル ジャパン)


Graphpaperハーフジップスウェット

インナーで遊べるスウェットって夢がありません?

幸田 彗さん (会社員)
サイズと、発色の両方がちょうどいい。インナー次第でアレンジを楽しめそう。ループウィラーらしい生地の厚みと、やわらかな肌触りはずっと着ていたくなります。

今泉 悠さん (ayame デザイナー)
ゆったりとしたシルエットはストレスなく着られて、今のテンションに合っている。

宮田恵一郎さん (エディター)
深みのあるブルーと、ソフトな素材がいいムードをつくっている。普段首が詰まっているトップスが多いので、このくらいゆとりがあると逆に新鮮に着られそう。

¥29,700/グラフペーパー


EASTFAREASTスウェット

発色のいいオレンジ、意外と似合いますね(笑)

三好 良さん (1LDK/SO SHOP&HOSTEL NAKAMEGURO ディレクター)
このレトロな色味がいい。自分的には長めの袖リブは折って調整するのがベスト。

佐藤忠輔さん (UXデザイナー)
味のあるレトロなカラーリングに惹かれた。古着っぽいテンションだけど、リブの長さが特徴的でしゃれている。洗濯をしたらシルエットがどう変化するのか気になる。

杉浦靖隆さん (TEAM UOMO)
アームホールが太いわりに胴まわりは意外とスッキリしているから、だらしなく見えない。裾のリブが強くないから下にストンと落ちる自然なシルエットが好印象!

¥19,800/イーストファーイースト



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kanta Matsubayashi(Person)
Mitsuo Kijima(Still) 
Stylist:Shota Iigaki