いつもお邪魔している「ユニクロ」のプレスルームだが、なにやら緊張感が張り詰めているような・・・。


今回の突撃取材では、いよいよ3月19日(金)に発売される「+J(プラスジェイ)」2021年春夏のラインナップをスタイリストがくまなくチェック!


大人世代が注目すべきアイテムをプロ目線でピックアップしていただくとともに、その場でおすすめのコーディネートを組んでもらった。



スタイリストはUOMO本誌でもリアルかつクリーンなスタイリングに定評のある秋山貴紀氏。大人におすすめの計6体のスタイリングを、スタイリスト秋山氏のコメントとともにみていこう。(※靴はすべてスタイリスト私物です)



STYLE:1 
オーバーサイズブルゾン ¥9,990
セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ ¥5,990
シルクコットンニットポロシャツ ¥5,990

完売間違いなしのブルゾン、その正解コーデとは?

まずは、即完売必至、「これを買わねば2021年春夏の『+J』は始まらない!」と言い切れる、ネイビーブルゾンとセルビッジジーンズとの黄金コーディネートだ。


“花紺・茄子紺”と呼ばれる今春夏ならではの明るいネイビーを纏った変形ミリタリーブルゾンは、遠目からも「+J」とわかる抜群の存在感。デニムは前秋冬にはラインナップされていなかった新提案。リジッドのほかブラックとオフホワイトの3色が用意されている。



では、秋山貴紀さんからコーディネートのポイントを解説してもらおう。売れ筋だからこその注意点とは?


秋山:ズバリ、サイジングです。今春夏の「+J」のアウターはオーバーサイズが多く、前シーズンと比べてもさらに少し大きめのサイジングな印象です。それに対して初登場のデニムは意外にもスリムストレートでした。トップスとボトムのボリュームのメリハリを意識し、ブルゾンのボリュームに対してデニムはきっちりジャストサイズではいた方が、きれいな美脚シルエットが生きると思います。中に合わせたニットポロはボタンをしっかり留めてきちんと感を出し、デニムの裾はロールアップして、セルビッジの赤耳をチラ見せしたいので、裾上げする時はそれを頭に入れておいてください。


“美脚シルエット”のデニムは1月に発売された「ユニクロ ユー」のワイドテーパードと比べると、かなり細いと感じるはず。オンラインよりは実店舗で試着したほうがよいかもしれない。



2ルック目は「文化系スポーツ」な全身ネイビーコーデ。


秋山:部屋では着心地抜群なスウェットの上下で過ごし、その上からさらっとアウターを羽織ってそのまま出かけられるスタイルを意識してみました。



STYLE:2
オーバーサイズフーデッド ハーフコート ¥14,900
ドライスウェットパンツ ¥3,990
ドライスウェットシャツ ¥3,990

スウェット上下でも、こんなにスタイリッシュ!

テックフリース系のスウェット上下を軸に、オーバーサイズのフーデッドコートの組み合わせ。3アイテムすべてのアザーカラーにブラックは存在するが、先に完売する色は新提案のネイビーであると断言しよう。


フードの裏やフロントジップ、ドローストリング、裏地のメッシュ、袖を調節する面ファスナーまで同色系で統一したディテールへのこだわりも驚異的だ。



クルーネックスウェットとスウェットパンツの素材は、表地は綿100%で裏地はドライ機能をプラスしたポリエステル100%。肌感はエアリズムTシャツに近いかも。


秋山:テック系スウェットの良さは、ソリッドな染色としっかりとした素材感で、スタイリングが思い描いたように決まるところ。このままコートを脱いでも部屋着には見えない、ジル・サンダーさんらしい上品でモダンな佇まいが魅力。着心地の良さはいわずもがななので、これならリモート勤務もはかどりそうです。



シューティング現場の空気が一変。鉄板のネイビーと合わせて注目したいのは、前シーズンのダウンでも人気をさらった白アウター。秋山氏がピックアップしたのはモッズコート風のロングコートだ。



STYLE:3
オーバーサイズフーデッド ロングコート ¥14,900
ワンタックテーパードパンツ ¥4,990
リラックスフィットクルーT ¥1,500

意外と難しくない!? 白アウターの着こなし方

前秋冬のダウンジャケットでも印象的だった白のアウターは今季も印象的なアイテムが揃う。黒やネイビーならすんなり着られる大人も、白となると身構えてしまう人も多いのでは? 秋山氏流の白アウターの攻略法は?



秋山:アウターと意識違しすぎず、白シャツを着る感覚で。コートだってシャツの代わりに羽織る感覚でいいと思います。ですので、インナーも白Tシャツをあわせて シンプルに。足元はローファーなどもいいですが、ノイズが入らないように、白スニーカーでなじませると安心。


パンツはコットン素材のタック入りスラックス。白と優しいベージュの合わせは今季のトレンド配色でもある。前ボタンは首元のみを閉じ、裾に向かって広がるAラインを意識。春風に裾が優雅に揺れる。


秋山:白Tシャツはパンツにインして、しっかりめにウェストマークしておく。締めるべきところをしっかり締めると、白の分量が多くても膨張してみえないので、体型カバーの効果もありますよ。



STYLE:4
オーバーサイズシャツブルゾン ¥5,990
ワイドフィットカーゴハーフパンツ ¥3,990
リラックスフィットクルーT ¥1,500

シャツブルゾンはセットアップ感覚で着こなしべし!

秋山氏はもうひとつ、白からベージュのカラーコーディネートを提案。トップスは事前にサンプルをチェックしたエディターやスタイリストらからも評価が高かったというシャツブルゾン。ちなみにこのシャツブルゾンは、秋山氏セレクトのナチュラルのほか、ブラック、オリーブ、明るめのブルーストライプ、そして濃紺ストライプの5色展開。秋山氏がこのカラーをチョイスした理由は?



秋山:同系色のショーツとセットアップ風に着こなすのがおすすめだからです。5色のカラバリのうち、このナチュラルとブラックが、ショーツとのセットアップ風の着こなしが可能。上下ナチュラルカラーはよりトレンド感が出せますし、もっとベーシックかつシックにいきたいなら、ブラックもおすすめです。このシャツブルゾンは裾をドローコードで絞ったり、袖を軽くロールアップしたり、着こなしにニュアンスがつけやすいのがいいですね。着てみるとどんな体型の人でもバランスがとりやすいと思います。



撮影は後半戦。


解禁されている公式ヴィジュアルをほぼノーチェックで臨んだ秋山氏、モデルと会話しつつコーディネートを微調整していく。手にしたアイテムは、大人がオンのシーンでもはけそうな細身のスラックスだった。



STYLE:5
ウールテーラードジャケット ¥17,900
ウールスリムフィットパンツ ¥9,990
オーバーサイズスタンドカラーシャツ ¥3,990

オンで使える+J、おすすめコーデはこれ!

5ルックめはビジネスシーンで映えるワンランク上のジャケットスタイルを提案。


チョイスしたジャケットはツーボタンのセンターベント、スラックスはノータック、そしてブルーともグレーとも言えない独特のニュアンスカラーが魅力だ。モデル着用の青味がかったダークグレー、ブラック、ネイビーストライプの3色展開。



秋山:オーバーサイズでも流行りのボックスシルエットではなく、「ユニクロ」メインラインよりも細身でシャープな印象。スタンドカラーシャツでノーネクタイを主張して、裾を出して崩してみても面白い。アクティブなスニーカーで自転車通勤するイメージです。


インテリジェンスが匂い立つ「+J」のスーツ。クリエイティブな仕事に携わるビジネスマンが殺到しそうだ。



STYLE:6
オーバーサイズスタンドカラーシャツ ¥3,990
セルビッジ スリムフィットストレートジーンズ ¥5,990


スーツで組んだスタンドカラーシャツには単色バリエも豊富。ラストはシャツとデニムのミニマルスタイル。


秋山:研ぎ澄まされたスタンドカラーシャツの単品使いではオリーブがお勧め。デニムの赤耳ではないですが、オフホワイトも脇割りシームで赤いステッチが端々に入り、ロールアップのポイントになります。


シンプルコーデが主体の春夏、「+J」ならばベーシックの中に主張を秘めたコーディネートになる。



以上、春夏最新の「+J」で組んだ「大人のマストバイ&おすすめコーデ6選」、いかがだっただろうか。


秋山:実は、すべてのインナーに使った無地のスーピマコットンTシャツが至高の域。個人的には最初にデニムと白Tを購入して、ベーシックから組み立てるかな?


またもや争奪戦の予感がする2021年春夏の「+J」。6体のコーディネートを参考に、明日の発売日には実店舗でもオンラインでも、狙いを定めて購入して欲しい!




UNIQLO:+J 2021 Spring/Summer Collection
デザイナー:ジル・サンダー / 発売日:2021年3月19日(金) / 発売店舗:全国のユニクロ店舗とオンラインストア / ※価格は全て税込です
+J 2021年春夏特設サイト:
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/plusj/21ss/

Photo: Yuuki Yamamoto
Hair&Make-up: Kosuke Abe [traffic]
Stylist: Takanori Akiyama
Model: Yoshiaki Takahashi [BE NATURAL]
Text: Takafumi Hojoh