New Balance

スニーカー”MW880G”¥16,500(税込)/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室)※6月発売予定

国内人気№1ウォーキングシューズのゴアテックス版

2013年から7年間連続で日本国内販売足数・金額No.1を達成したニューバランスの人気ウォーキングシューズ、MW880v4のゴアテックスバージョン。フィット感を高めるストレッチタン構造、硬度の違う2素材を組み合わせクッション性と安定性を発揮するトゥルーフューズミッドソールを採用で軽量と、抜群の履き心地を誇る。広幅の4Eとレギュラー2E、2種類のウイズ展開があるのもうれしい。コーディネートしやすいネイビーとブラックのカラーリングも秀逸。


adidas

スニーカー”テレックス AX3 GORE-TEX ¥13,750(税込)/アディダス(アディダスお客様窓口)

デザインもコスパも最高のハイキングシューズ

テレックスはアディダスのアウトドアレーベル。アウトドア通に支持される高機能なシューズは、由緒ある “アウトドア インダストリー アワード”の受賞歴も。山道はもちろん、タウンでも履ける軽量ハイキングシューズは、ゴアテックスメンブレン(薄膜)を使用したメッシュ&合成繊維アッパーにグリップ力の高いコンチネンタルラバーアウトソールを採用。使いやすいオールブラックにスリーストライプスとネオンカラーのアクセントが映える。


UGG®︎

スニーカー”CA805ZIP GORE-TEX”¥27,500(税込)/アグ®︎(デッカーズジャパン)

着脱がラクなジップ仕様の防水レザースニーカー

ボリュームスニーカーでおなじみのアグの人気モデル、CA805 ZIPのゴアテックスバージョンが登場。防水レザーアッパー&一体成型のガセットタン構造が、水の浸入を防ぐ。グリップ性、反発性、サポート性に優れた新構造のトレイドライト バイ アグ™スポーツソール搭載で、1日中ストレスフリーの履き心地が継続。ライニングにはリサイクルテキスタイルを使用し、サステナブルな取り組みにも余念がない。色違いでオールホワイトも展開。


HOKA ONE ONE®︎

シューズ”チャレンジャー ロー GTX ワイド”¥27,500(税込)/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)

トレイルもロードもOKな人気モデルの防水仕様

エンジニアド ガーメンツなどとのコラボでファッション業界からも注目されるホカ オネオネ。オールテレイン(全路面型対応)シリーズの定番として人気のランニングシューズ“チャレンジャー ATR”が、防水ヌバックレザーとゴアテックスファブリクスの防水メンブレンをアッパーに採用。ランニング、ハイキングはもちろん、タウンユースでも、いつでもドライな履き心地をキープしてくれる。旬のベージュワントーンで、レザーだからクラス感を添えたいときにも大活躍。



CONVERSE

スニーカー”オールスター クップ ゴアテックス サラウンド OX”¥24,200(税込)/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

最新技術を搭載したブラックオールスターは万能

”オールスター クップ“はドレッシーなスタイルの大人顔オールスター。新作は360°全方向で湿気を逃がす、ゴアテックス サラウンド® プロダクトテクノロジーを搭載したこちら。アウトソールには開口部を設け、ソールにも通気口を設け、透湿性が格段に向上。もちろん水たまりに入っても水が浸み込むことはないので、ご安心を。アッパーには透湿性に優れた撥水シンセティックレザー、通気性抜群のメッシュ仕様オーソライトカップインソールなどハイスペックな一足に仕上がっている。



SALOMON

スニーカー”XA ROGG GORE-TEX”¥16,500(税込)/サロモン(サロモン コールセンター)

クイックレースシステムも魅力のアウトドアシューズ

サロモンのマルチパーパスシューズ、XA シリーズの“センシフィット”クイックレースモデル。溶着仕上げで縫い目のないアッパーにゴアテックスメンブレン採用で透湿防水性は抜群。トウキャップが補強され、アウトドアでのアクティビティも万全だ。軽量でやわらかいメッシュアッパー&クッショニングのきいた履き心地は、タウンユースにもおすすめ。文化系アウトドアスタイルにサラリと取り入れやすい、オールブラックがイチ推し。



ニューバランス ジャパンお客様相談室 TEL:0120-85-0997
アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033
デッカーズジャパン TEL:0120-710-844
コンバースインフォメーションセンター TEL:0120-819-217
サロモン コールセンター TEL:03-6631-0837

Photos:Naoki Seo
Stylist:Takumi Urisaka
Composition & Text:Hisami Kotakemori