(前編のつづき)


今春夏はまさに“大人のユニクロ”。いよいよ1月22日に発売される期待の「UNIQLO U(ユニクロ ユー)」を最速でフライング試着すべく、プレスルームを直撃。


取材担当はUOMO本誌でお馴染みのモデル、松本雄司だ。前編ラストカットの撮影時にボーダー柄のTシャツがどうしても気になった模様・・・。




>>>この記事を音声で聴いてみる


ということで、黒アイテムを中心に紹介した前編のつづきとなる、「ユニクロ ユー」2021年春夏フライング試着ルポの後編をお届け。今回はデニムカジュアル編だ。


今春夏のマストバイ筆頭であるデニムを中心に、カジュアルな“大人のユニクロ”を商品ベースでピックアップする。意外なアイテムも飛び出すかも!?



ラックからボーダーボートネックTシャツを2柄ピックアップして、大人のカジュアルコーディネートをイメージ。


松本雄司:「デニムって若く見えがちですよね。大人っぽく仕上げるのはなかなか難しい・・・」


注目は一緒に組まれたデニム。即完売必至だが、是が非でもゲットしてもらいたい、2021年春夏のセルビッジ レギュラーフィットジーンズだ。



セルビッジ レギュラーフィットジーンズ ¥3,990



ストレッチ無しの100%コットン。シルエットとロールアップした裾に注目。太ももはゆったりしており裾にかけて細くテーパードする旬のシルエットなのだ。


松本:「これはストレートでもスリムでもワイドフィットでもない、“ワイドテーパード”らしいです」


今春夏で10シーズン目を迎える「ユニクロ ユー」では毎回ラインナップされているイメージだが、実は微妙にシルエットを変更している。記憶に新しい前秋冬は、脚全体がフィットするスリムテーパードだった。



その前シーズンとなる2020年の春夏にもワイドテーパードは販売されていたが、実は縫製がセルビッジ仕様ではなかったのだ。


今春夏は希少なセルビッジデニムを使用。刻印無しのフロントボタンや目立たぬコインポケットなど、ミニマル極まるデザインはまさに大人好みだろう。



コットントラッカージャケット ¥6,990


レギュラーフィットジーンズ ¥3,990



リジッドのセルビッジ レギュラーフィットジーンズは下だけの展開。上下デニムのセットアップならば、コットントラッカージャケットレギュラーフィットジーンズの組み合わせ(別売)が揃う。12.5オンスでかなりの重厚感。


異彩を放つライトブルーのカラーリング。70年代調のブルージーンズっぽいテイストで、タイトめで古着っぽく着こなすと雰囲気映えしそうなセットアップだ。



ブルーのほかブラックとベージュも展開。シルエットは通常のジージャンよりも着丈が長く襟も大きめで、ヴィンテージのエッセンスが注入されている。


ちなみに、セルビッジ仕様ではない。デニム好きとしてこだわるならばリジッドデニムに狙いを絞ろう。



ボーダーボートネックT(半袖) ¥1,990



“大人のユニクロ”を象徴する、洗練されたデニムカジュアル。スタンダードこそ最も単純で最も難しい。


これは特徴的なフォルムの成せるワザ。5分丈のドロップショルダーからワイドテーパードへと緩やかに流れる丸みを帯びた優しいシルエットが、カジュアル過ぎないソフトな雰囲気を醸し出してくれる。



テープサンダル ¥3,990



スタイリングのスパイスとして、前編の黒コーデでも登場したテープサンダルがカジュアル編でも大活躍。センチ表示ではなくXSからXXLまでのサイズ展開(XXLはオンライン限定)だ。


デニムは1月22日の発売日に完売予想。サイズは28~35インチまでの展開で、28・34・35インチはオンライン限定なので要注意。



ボーダーTシャツのデザインは、フランス海軍のユニフォームをオリジンとするボートネックの変化球。1枚で春夏らしい抜け感を演出できる。


松本:「ポケットもボディとボーダー柄が合わせてあって目立ちません。繊細なこだわりが好印象です」


ちなみに着用サイズはLサイズ。5分丈で肘まで届く長さのスリーブと肩のドロップ具合を憶えておこう。



そして、昨年も「ユニクロ」のメインラインと「ユニクロ ユー」で発売されたエアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)が、8色のカラバリで再登場。春夏コーデに多用できるニュアンスカラーが増えている。


松本:「前の秋冬はブラウンやオレンジがありました。今回はピンクとライトグレーが新色みたいです」


コットンの表糸とエアリズムの裏糸をダブルフェイスで縫製したジャージー素材は、一度着ると病みつきだ。



エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖) ¥1,500



素材は前秋冬と同様、綿53%・ポリエステル30%・複合繊維(ポリエステル)17%の配合。ドロップショルダーのワイドシルエットで、「ユニクロ ユー」のエアリズムTシャツはファッションアイテムとして主張する。


ちなみにメインラインのエアリズムTシャツはアンダーウェアとしての立ち位置。素材(綿71%・ポリエステル25%・ポリウレタン4%)もコットンの割合が多いのだ。



トートバッグ ¥3,990



そして、テープサンダルとともに今春夏マストバイ小物のもう1方が、持ち手が長短2つあるトートバッグだ。今春夏のグッズ展開はこの2つだけという潔さ。


ランドリーバッグのような、1970年代のアメリカのヴィンテージバッグがインスピレーション源。カラーは松本が肩掛けしているブラウンと、よくある無地のキャンバス素材の認識で間違いないナチュラルの2色となる。



松本:「それがどうしたって言われそうですが、短い持ち手を掴んでも地面を擦らない絶妙な大きさです」


しかも側面のスナップで閉じると薄くなる。一見普通だが、これぞ計算され尽くしたミニマリズム。


クリストフ・ルメールが率いるパリのデザインチーム発祥のクリエイションは、幾度の試行錯誤の末に辿り着いた至高の域であることがわかるはず。



ワイドフィットストライプシャツ(ボタンダウンカラー・長袖) ¥2,990



メンズアイテムの最後はシャツ。カジュアルアイテムとして外せない定番的なボタンダウンシャツも、トレンドがバランスよく配合されたグッドデザインで登場だ。


綿87%・麻13%の混紡素材のワイドフィットストライプシャツはベージュとブルーの2色展開。ワイドかつドロップショルダーのシルエットで、同じくワイドシルエットのエアリズムTシャツの上にも余裕で羽織れる。



ストライプはシャープな印象ではなく、タテ糸とヨコ糸の色の組み合わせで形成されている。


松本:「近寄るとよくわかると思いますが、ほのかに滲んだストライプ柄でした。味わい深いです」


麻独特のシャリ感が心地よい。今すぐ使えるアイテムだが、このボタンダウンシャツの肌触りのよさが最も効果的なタイミングは、春から夏への移行期だろう。



メンズとグッズの紹介は以上。


細部までこだわり抜いた革新的な素材とコンテンポラリーなシルエット、今を感じさせるシンプルかつ上質なワードローブ、それらを“Future LifeWear Essentials”と称した2021年春夏の「ユニクロ ユー」だ。



[※ウィメンズ] トレンチコート ¥14,900



最後に補足だが、意外と本命かも!?


なんと、今春夏の「ユニクロ ユー」はウィメンズも要チェック。ウィメンズのトレンチコートは、実は昨年の春夏で人気だったアイテムの再販だ。男女問わず売れたようで、XXLサイズは早々に完売していた。


ナチュラルドロップのオーバーサイズで、スムーズな腕の通りはメンズとさほど変わらない。大人男子ならばジャストサイズで着こなせるはずだ。



フロントボタンは裏閉じの1つのみ。そぎ落としたデザインとクラシカルな色調が魅力のミニマルトレンチだ。


腰より高い位置にあるウエストベルトで絞るとスタイルよく映える。このシルエットはウィメンズならではだろう。


松本:「すみません。メンズもウィメンズも購入候補がたくさんあるので、発売日までにじっくり吟味します」



前編と後編でお届けした、2021年春夏新作「ユニクロ ユー」の最速試着ルポはこれにて終了。


黒ベースとミニマルカジュアル主体の“大人のユニクロ”として、昨年11月に発売され争奪戦が繰り広げられた「+J」に負けず劣らずの評価になりそうだ。


1月22日の発売日には、実店舗とオンラインで、狙いのアイテムを確実にゲットして欲しい。



>>>この記事を音声で聴いてみる



Uniqlo U 2021年春夏コレクション
発売日:2021年1月22日(金) / 販売店舗:全国67 店舗とユニクロオンラインストア(※一部商品は先行発売中) / 商品ラインナップ:ウィメンズ(37), メンズ(34), グッズ(2), キッズ(9) / 特設サイト:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/uniqlo-u/21ss/
※価格は全て税別です。

Model: Yuji Matsumoto
Photos: Hiroaki Horiguchi
Text: Takafumi Hojoh