H條:よもやよもやだ。もはや恒例になってしまった感のあるY神パイセンとH條の展示会取材ルポ記事。なんと、馴染みのプレスさんから「うちの展示会でもやってくださいよ~!」の声がチラホラ。


Y神:まじっすか。今回のルポ記事は、すでに公開した「UNIQLO(ユニクロ)」2021年春夏展示会取材での「メインライン」と「ユニクロ ユー」の続き。期待の「UNIQLO and JW ANDERSON(ユニクロ アンド JW アンダーソン)」を速報しちゃいましょう。


H條:都合3本目の本稿で締めとなります。なぜか大人の事情で1週間寝かせていたという・・・。



ガーデニングトート・キャップ・靴下|価格未定



Y神:そのへんの事情は置いといてさしあげて。


H條:他社さんも忖度なくUPしてたもんで遅れてうちでもUPです。アイテム名もH條が勝手に付けた仮状態。


Y神:いかにも。価格もすべて未定です。


H條:とにかく2020年下半期でたぶん1番驚いたんですけど、来春夏の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」はカントリーテイスト!? いっそ、ガーデニング!?



ガーデニングトート・デニムキャップ|価格未定



Y神:そのようだね。ボクもジョナサン・アンダーソンさんと同じ気分だったりする。とにかく2020年は社会的にも世間的にもいろいろありすぎた感があるから、都会を離れてひっそりとお花畑に囲まれて癒されたい。


H條:ほっこりしますね。ワンポイントになる一輪の花も印象的。いや、二輪か。


Y神:かわいい。なんの花でしょう。


H條:マーガレットかと思いましたが、青い花弁から推測するにブルーデイジーですね。花言葉は「恵まれている」「幸福」などのポジティブイメージ。



Y神:おや。入口には簡単なシーズン説明も英文であったみたい。ボクはもう洋服に向かっていたようだけど。


H條:このコラボを振り返ってみると、去年の2019年春夏は港町、2019年秋冬はアウトドア、2020年春夏はカントリーで、最新の秋冬でようやくノッティングヒルの都会に出てきたかと思いきや、次の2021年春夏ではカントリーもカントリーで庭いじり・・・。


Y神:ジョナサンのインスピレーションは英国中を駆け巡っているんだね。



H條:というわけで、Y神パイセンはさっそくラックを手に取ったようです。


Y神:カラフルでピースフルなコレクション。ヴィヴィッドでもなくキュートでもなく、大人でも大丈夫そうな落ち着いた雰囲気です。ついつい手が伸びちゃいました。


H條:先行発売会とかではなくて展示会取材ですので誤解なきよう。



ワークジーンズ(ヒッコリーストライプ)|価格未定



Y神:チェックしたのはワークテイストのデニムでした。股上も深くサイドも屈強のステッチが施されていて、Dカンには工具も引っ掛けられそう。


H條:めっちゃタフですね。ヒッコリーストライプは伐採職人のために作られた生地ですから、これはまさに本気仕様かと。70年代から80年代の古着のデニムでよく見かける生地感です。


Y神:伐採職人?


H條:はい、伐採(ばっさい)。林業メインでもともとヒッコリー(Hickory)もクルミ科ペカン属の木の一般名です。



ワークジーンズ(インディゴ)|価格未定



Y神:通常のインディゴデニムもあったよ。ストーンウオッシュもケミカルでラフな感じ。カントリーにワークテイストまで入っとる。


H條:個人的には、ワードローブにないデザインなのでマストバイかしら。来春夏の「ユニクロ アンド JW アンダーソン」にはリジットの濃紺はない模様ですね。


Y神:リジットは「ユニクロ ユー」で見つけたから大丈夫です。サイズ違いで4本くらいまとめ買いするつもり。



2タック入りショーツ|価格未定



H條:春夏シーズンなんでショーツもありました。いつものジョナサンならウエストゴム仕様だったかと思うんですが、ベルトでがっつり締めるタイプ。ツータックで裾もゆったりめ。


Y神:そうね。庭先でしゃがんでブルーデイジーに水をあげたいスタイル。



H條:トップスはどんな感じでしょうか。


Y神:全体的にナチュラルテイスト。普通のオーセンティックなベージュ色のチノパンなんて、ほんと久しぶりに見たかも。モードな雰囲気よりもファッションの温かみを感じさせます。


H條:2020年の「ユニクロ」コラボはもう、毎回争奪戦必至で狂騒染みていましたもんね。


Y神:そうそう。たまには自然体でお買い物もいいじゃない。



ポケットTシャツ・ワンポイントTシャツ|価格未定



H條:ポケTのポケット周りのステッチワークが来春夏っぽい。


Y神:胸のワンポイントにデイジーちゃん。


H條:おや?


Y神:どしました?


H條:先ほどのアイテムは青い花弁だったのでブルーデイジーだと推測しましたが。黄色の花弁ですとやっぱりマーガレットのような・・・。



ワンポイントポロシャツ|価格未定



Y神:相変わらず変なところに細かいよねH條さん。英文でもフラワーエンブロイダリーって書いてあったし、お花でいいじゃん。


H條:だって、花言葉が変わってくるんですよ。マーガレットの花言葉は「心に秘めた愛」です。


Y神:まじっすか。


H條:マーガレットの花弁をむしりながら、「好き、嫌い、好き、嫌い・・・」ってよくやりますよね。


Y神:ま、まさか、その花言葉にジョナサンの想いが隠されている・・・!?



バケットハット(デニム)|価格未定



H條:というわけで、ラストはバケットハットです。「JW」のロゴ刺繍と、縁の部分にステッチワーク入り。このデニム素材は絶対に買います。ねぇ、Y神パイセン?



バケットハット(コットンツイル)|価格未定



H條:はうわっ! すでに試着しているし、違う色だし!


Y神:ベージュ色に一目ぼれ。チノパンと合わそうかな。


H條:ルポ記事を読んでる馴染みのプレスさんによりますと、Y神パイセンとH條さんは好みもセンスも真逆だという認識だそうです。


Y神:いかにも。お互い真逆だからこそ、いろんなアイテムをいろんな斬り口で紹介できるんだよ。



H條:いい話が聞けたところで、「ユニクロ」2021年春夏展示会ルポ記事は本当に終了です。


Y神:そういえばボクだけH條さんにいろいろ写真が撮られていたね。ちなみにH條さんは、ジェイソン・ポランさんの絵の中では、左下のグループサウンズみたいな長髪ヒッピーメガネ君に似ています。


H條:来年も取材、頑張ります。




UNIQLO and JW ANDERSON 2021年春夏
発売日:2021年春(※未定) / コラボデザイナー:ジョナサン・アンダーソン
https://www.uniqlo.com/jp/ja/

Text: Takafumi Hojoh