H條:よもやよもやだ。Y神パイセン、怒涛の「+J」関連ニュースもひとまず落ち着いて、ようやく年の瀬らしい穏やかな日々が始まったかと思いきや・・・。


Y神:そうは問屋は卸しません。来年の2021年春夏シーズンに発売される「UNIQLO(ユニクロ)」展示会にお呼ばれしてしまいました。コラボとかではなくって、本体のコアアイテムの展示会です。


H條:それがまたもやいいモノだらけ。我々2人の対談形式で新商品をいち早く紹介します。価格は公式発表されてるものとそうでないものがありますので念のため。



Y神:おや。これは・・・。(iPhoneカメラをもぞもぞ)


H條:おお。Y神パイセン、さっそくチェックしてるみたい。あれは春夏らしいシアサッカー素材かしら?



感動ジャケット(シアサッカー)・感動パンツ(シアサッカー)|¥5,990・¥3,990



Y神:いきなり感動。ボクの好みにドンズバのシアサッカー素材のセットアップ。それぞれ単品購入もできるけど、やっぱり上下で合わせてみたい。


H條:これは春夏っぽいアイテムですね。上下で購入しても10,000円を切るお値段とは・・・。



Y神:シアサッカー素材にフォーカス。数多のトラッドブランドにひけをとらない、誠にしっかりとしたつくり。


H條:インナーは白Tくらいのイメージです。来春夏のトレンド予測的にはどうなんだろ。2020年同様にオーバーサイズでの着こなし最適解かも。


Y神:ボトムはデニムで合わせてもよいし、パンツだけ使って上はトラッドな白ポロシャツとかでもよいよね。H條さんが気になったアイテムは?



ウォッシャブルミドルゲージクルーネックセーター|¥1,990



H條:ウールのチクチクが苦手なもんでコットン以外ではカシミヤしか着られないデリケート体質ですけども、意外とこのセーターが肌触りがよくて気に入りました。


Y神:うむ。H條さんが好きそうなインディゴ調の色味もいいね。デニムと合わせる感じで。


H條:あと、洗濯機でガンガン洗える独自素材なんですって。クリーニング代が節約できて助かります。



Y神:ぐぬぬ。ぎゅっと詰まった縫製でタフなつくり。ラグランスリーブだし体のラインも奇麗に出そう。このクオリティで1,990円とは・・・。


H條:ちなみに、すでに先行発売中。4XLまでのラインナップでした。ちらほらフライングもあるので、ユニクロ公式オンラインストアは見逃せないんですよね。


Y神:いかにも。



テックデニムジーンズ|¥3,990



H條:ウォッシャブルセーターの隣にあったデニムも紹介しちゃいます。東レと共同開発したという色落ちしないテック素材を使用したデニム。シルエットはゆったりめのテーパード。リジット派はマストバイでしょう。


Y神:これもボクならXLをウエスト絞ってはくかな。夏場は何度も洗濯するから、ネイビー好きとしては洗ってもリジットブルーの色味が薄れないのは嬉しい。



Y神:おっ。こんなとこまで撮影。さすがマニアックなところまで細かいH條さん。


H條:脇割りシームでした。


Y神:素材に凝るとジーンズの根幹部分をおろそかにしがちなんですけども。ユニクロさん、さすがです。


H條:そうなんですよ。脇割りシームって、単に重ねてミシンを掛けるのではなく、デニム生地を開いて合わせて縫製するという、もともとはタフな作業着を作るうえで職人気質から生まれた縫製技法なわけです。インディゴブルーが縦落ちしていく過程でも美しいフェードアウトが期待できる。でもこれは、色落ちしないテックデニムですし、その手間自体が本来なら必要ないのかもしれない。デニムへのリスペクトを感じますね。ん、あれ?


H條:Y神パイセンがいない!?



UT × JASON POLAN|価格未定




Y神:なんか悦に入ってたんでお先に「UT」のブースのほうに来ちゃいました。ニューヨークを拠点に活動していたアーティストのジェイソン・ポラン(Jason Polan)さんとのコラボみたい。ジェイソン・ポランさんは今年の1月にお亡くなりになっております。


H條:おっと、「UT」のブースにいらっしゃいましたか。以前もジェイソン・ポランさんは「ユニクロ」本体とコラボしていましたよね。


Y神:クッション、かわいい。部屋に置きたい。


H條:僕も寅年なので必ず買います。



UT × JASON POLAN|価格未定




Y神:このスウェットもお気に入り。ジェイソン・ポランさんが描いたアートが背中にも。


H條:見切れてますが、キリンさんの薄手トートバッグも気になります。



ウルトラストレッチドライスウェットプルパーカ|¥2,990



H條:はい、コアアイテムの「ユニクロ」に戻って来ました。このフーデッドパーカーはY神パイセンの注目アイテム。


Y神:スウェットはやっぱりコットン素材がいいかなと思っていたけど、柔らかな着心地で気に入ってしまった。テック素材だから、着ると三角フードも倒れず立体的に映えるんです。


H條:おお。映え重視。



H條:そういえばマネキンが着用していたホワイトも、テック素材ならではの硬質的なフォルムで独特の風合い。このフーディーもすでにオンラインストアで先行発売されています。4XLまでの展開で他色にブラックも。


Y神:ん? 奥に見えるブースに「U」の文字が・・・。


H條:ああ、「UNIQLO U(ユニクロ ユー)」のブースでしょう。今年も爆発的なヒットでしたね。そういえば、寒さが厳しくなる12月中にヒートテック素材の「ユニクロ ユー」も紹介しなきゃ。


Y神:早めに書いてね。



H條:というわけで、来年以降に発売される2021年春夏展示会を速報してきたわけですが、「ユニクロ」が掲げる来春夏のテーマ「FIND YOUR HEALTHY」を最後に紹介しましょう。「時代の変化にどう対応していくべきでしょうか」と書いてあります。心に染み入りますね、Y神パイセン。


H條:ねぇ、Y神パイセン?



H條:はうわっ!! Y神パイセンじゃなかったよこの人!? まったくどこ行っちゃったんだろ。まさか、門外不出の「ユニクロ ユー」のブースかっ!?



H條:(やっぱりいた・・・)



(後編につづく)




UNIQLO:SPRING / SUMMER 2021 展示会
シーズン:2021年春夏(一部先行発売アリ)
ユニクロ公式オンラインストア:https://www.uniqlo.com/jp/ja/

Text: Takafumi Hojoh