ブラウンオレンジがこんなに映えるなんて!

枯れた色のイメージがあるブラウンもご覧のとおり。同系色のオレンジとは相性抜群で浮かずに馴染むため、コートのインに重ねるだけでフレッシュにアップデート。

コート¥130,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) パーカ¥20,000/エイチ ビューティ&ユース シャツ¥18,000/カモシタ ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) パンツ¥39,000/カルーゾ(ビオトープ) メガネ¥38,000/アヤメ シューズ¥23,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)


色で冒険するならアウトドアウェアに限る

手っ取り早く明るい色を取り入れたいならアウトドアウェア一択。「無理してる感」は皆無だし、ナイロンなど化繊のテクスチャーとポップカラーは、実は相性がいい。やわらかな薄いレモンイエローのパーカを挟んで馴染ませて。

ブルゾン¥42,000/イズネス(alpha PR) パーカ¥28,000/オーラリー カットソー¥6,000/エルイー(レショップ 青山店) パンツ¥48,000/グラフペーパー ハット¥9,000/トーン(スティーブン アラン トーキョー)


スタイリングのハズシに真っ赤なコート

スタイリングで“ハズシ”と聞くと、小物など、スタイリングに占める面積が小さいものを連想しがちだが、そうとは限らない。ブラウンを軸に全身をシックにまとめて、コートを思い切りのいい赤にするのだってアリだ。足元は革靴で大人っぽく。

コート¥79,000/キャバン(キャバン 代官山店) ニットベスト¥74,000/クリスタセヤ(ビオトープ) シャツ¥36,000/コモリ(ワグ インク) カットソー¥6,000/エルイー(レショップ 青山店) パンツ¥54,000/ベルナール ザンス フォー エディフィス(エディフィス 新宿) メガネ¥38,000/アヤメ シューズ¥70,000/パラブーツ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)


スタイリングは「3色まで」なんて噓ですから!

「とっちらかって見えるのでコーディネートは3色まで」なんてスタイリングのルールをよく見かけるが、縛られる必要はない。多色使いでもスタイリングをまとめるコツ、それは“ベースカラー”を決めること。ここではコートと足元のブラウンがそれにあたる。加えてマフラーのオレンジにイエローのラガーシャツと同系色でグルーピングして、そこにブルージーンズとミントグリーンのニットキャップをプラス。いろんな色が効いているが、まとまった印象に。

コート¥185,000/カルーゾ(トゥモローランド) ラガーシャツ¥19,000/ノア(ノア クラブハウス) タートルネックカットソー¥26,000/エイトン(エイトン青山) ジーンズ¥74,000/クリスタセヤ(ビオトープ) ニットキャップ¥6,500/ヒコサカ×エディフィス(エディフィス 新宿) マフラー¥32,000/ジョシュア エリス(ユナイテッドアローズ 原宿本店) シューズ¥22,000/ティンバーランド(ティンバーランド/VFジャパン)



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Tatsunari Kawazu[S-14] 
Hair&Make-up:kazuhiro naka[KiKi inc.]
Stylist:Shuhei Yoshida 
Model:(movie)Vaughan Charles Joel
(still)Charles Kishiro Ohno Taketo Masui
Movie:Takuya Kurahashi