国際的なファッションモデルとして活躍する傍ら、撮影活動をスタートし、本格的な写真家へと華麗に転身した安珠。彼女がライフワークとして取り組んできた「少年少女の内なる世界」を表現するシリーズでは、物語性のある独特の世界観を写し出してきた。そんな同シリーズの最新作約50点と映像に過去の作品を交えた写真展「A girl philosophy-ある少女の哲学」が開催される。

『青い鳥』 心眼


『不思議の国のアリス』や『青い鳥』といった、誰もが知るさまざまな児童文学をモチーフに、ある少女が目にし、その心に留めた出来事について内省を深めていく過程を写真で表現した本展。安珠が描き写し出したいものは、“目に見えないもの”だと話す。不確かな現実に生きる少女が、真理を求め旅する夢幻の物語の世界を彼女はどう表現したのか?


オフィーリアをミレイはバスタブで描いた


開催期間は2023年1月18日(水)~2月12日(日)。不思議な世界に迷い込みたいなら、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールへ行くしかない。


「A girl philosophy-ある少女の哲学」安珠写真展
会期:2023年1月18日(水)〜2月12日(日) ※会期中無休・入場無料・予約不要
開館時間:11:00~19:00(最終入場18:30)
主催:シャネル合同会社
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
https://nexushall.chanel.com/program/2023/anju



シャネル・ネクサス・ホール事務局 TEL:03-6386-3071

All photos ©Anju