表紙は「エア マックス 95」のイエローグラデ!


本誌「ウオモ」連載コラム「東京スニーカー氏」でもお馴染みの小澤匡行(おざわまさゆき)氏が、現代のファッション界を席巻する一大潮流であるスニーカーブームの歴史と展望を収めた書籍を上梓。


新書『1995年のエア マックス』(中公新書ラクレ・刊)が7月10日に出版された。同著は、好評を博した『東京スニーカー史』(立東舎/2016年)に次ぐ自著となる。


株式のごとく売買するマーケットまで成立し、富裕層の所有欲とステイタスを満たすゲームでもある昨今のスニーカー熱は、控えめに言っても異常事態ではある。



“東京スニーカー氏”こと小澤匡行氏



国境を越えての争奪戦が起き、定価の数十倍で転売されている近年のスニーカー事情を俯瞰・分析する小澤氏は、「もはや私たちが知っているスニーカーではない」と指摘。「ターニングポイントは日本で大ヒットしたナイキ『エア マックス 95』だった」と断言する。


あの一足は、世界をどう変えたのか?


1995年に生きた大人男子、必読の書だ。




書籍「1995年のエア マックス」(中公新書ラクレ)
発売日:2021年7月10日
著:小澤匡行
発行:中央公論新社
¥990


<問い合わせ>
中公新書ラクレ

Illustration: Yoshifumi Takeda
Text: Takafumi Hojoh