ー 参加者 ー

藤村雅史さん(アートディレクター)

藤村雅史さん(アートディレクター)

本誌でお馴染みの趣味人。愛車はレンジローバーとメルセデスEQC。EQCの電費の悪さにちょっと早まったかなと思っている。次に狙うはEQGか!?

今泉 悠さん(ayame デザイナー)

今泉 悠さん(ayame デザイナー)

ガソリン車をこよなく愛するオイリー・ボーイ。現在の愛車は993型911。いつかはGT3 RSに乗ってかっ飛ばしてみたい。家族用にGクラス400dも所有。

渡辺敏史さん(自動車ジャーナリスト)

渡辺敏史さん(自動車ジャーナリスト)

二輪・四輪誌の編集に携わった後、独立。数々のクルマに試乗し、守備範囲は広大。愛車は996型ポルシェ911と納車待ちのマツダ ロードスター。

服部昌孝さん(スタイリスト)

服部昌孝さん(スタイリスト)

初めて免許を取ったのは2022年1月。旧車好きで、現在はクルマ10台、バイク4台のオーナーである。普段の足はマツダ ロードスター。

佐藤佑樹さん(Cale デザイナー)

佐藤佑樹さん(Cale デザイナー)

洋服づくりのほかに、東麻布でギャラリーを運営。実は旧いクルマが好きだったりするが、現在は子育て真っ最中のため、アウディQ8 e-tronに乗っている。

遠藤イヅルさん(イラストレーター、ライター)

遠藤イヅルさん(イラストレーター、ライター)

自動車全般に膨大な知識をもち、大衆車、実用車系のイラスト・記事が得意。VW サンタナ、日産 サニーカリフォルニア、ルノー ルーテシアを所有。


メルセデスとBMWになくて、
ボルボとアウディにあるもの

遠藤 デザインを語るのであれば、やっぱりボルボは忘れてはいけないと思います。メルセデスベンツがちょっと変わって、だいぶ派手めになって、車内も電飾がすごいことになっているじゃないですか。

藤村 もうディスコ状態です(笑)。

遠藤 BMWもデザインが派手になっちゃって、それが気にいらないという人が、ボルボとあとはアウディに乗る。だから品があるというか、デザインはうまいですよ。ボルボから最近出たEX30なんかはサイズもデザインもコンパクトですっきりとしていて、すごくいいクルマだなと思います。

藤村 コンパクトでかわいらしいですよね。

遠藤 立体駐車場に入るサイズに抑えられていて、かなり使いやすいだろうから、日本でも売れるでしょうね。

今泉 勝手な印象ですけど、マツダの立ち位置ってボルボと似ているなと思うんですよ。

渡辺 意識していると思います。CX︲60の内装とか見ると、ボルボっぽいなって感じますから。

―マツダは「魂動デザイン」というフィロソフィを掲げて、日本のメーカーの中ではかなり早くデザインに振った戦略を打ち出してましたよね。

渡辺 デザインでブランディングできたという点では、日本のメーカーの中ではマツダがいちばんかなと思います。

Volvo EX30

Volvo EX30

―先ほどアウディの話が少し出ましたけど、アウディのQ4 e-tronはどうですか?

佐藤 僕、試乗しました。いかにもEV、みたいなデザインを盛り込みすぎてないところはよかったです。今までのグリルとかの考え方をあまり変えないでそのままにしているのはいいなって。アウディのキャラクターがちゃんと残っているし、すごくきれいな感じのデザインでいいクルマだと思う。ただ、じゃあ、めちゃくちゃ惹かれるかと言われたらそうでもなくて、“絶妙”なところだという印象です。

遠藤 そこがたぶんアウディの狙いどころなんだと思います。

佐藤 そんな感じですよね。僕は今、Q8 e︲tronに乗っているんですけど、それと比べると、Q4はすごく不思議なところを突いているような感じはしました。何て言うのかな、ターゲットはモデルYを買う層とかぶっていると思うのに、でもモデルYほど先進的デザインとか、先駆的アイデンティティみたいなところを押し出してなくてそこはとても共感できました。

遠藤 アウディって程よく先進的なんですね。ものすごく未来っぽくはないんだけれども、クールでちょっとだけ未来をいっている。そういうブランドイメージをずっと変わらず保ち続けていて、いいメーカーだと思います。

佐藤 新型が出ても以前のモデルと比べてそんなに語るところがないというか、劇的に変わるイメージがないです。

遠藤 だから、アウディってモデルチェンジしてもわからないんですよ(笑)。そこはいい意味で信頼できますね。


Audi Q4 e-tron

Audi Q4 e-tron

ーPART.6へ続く



Illustration:Izuru Endo
Interview&Text:Masayuki Sawada