小林製薬の
オードムーゲ薬用保湿化粧水

小林製薬のオードムーゲ薬用保湿化粧水200g¥1,320/オードムーゲ(小林製薬お客様相談室)

もうこれなしではスキンケアが成立しない

池田尚輝(スタイリスト)
「日本のクラシックなスキンケアアイテム、小林製薬のオードムーゲを季節に関係なくもう10年以上使っています。僕はどちらかというと乾燥よりも脂による肌トラブルがあるタイプ。吹き出物を防いでくれるとの噂を聞いて使い始め、さっぱりした使用感に満足。石鹸は使わず水のみで洗顔し、このオードムーゲの化粧水と、季節に合わせた乳液、というケアが丁度いい。お値段も手頃なのでバシャバシャ気兼ねなく使えます。高価な商品で気を遣いながらケアするよりも自分に合っていますし、今のところこの選択は間違ってなさそうです」。



繰り返すニキビと肌荒れ予防を考えて生まれたオードムーゲ。肌に蓄積した汚れや皮脂を取り除いて清潔にし、同時に潤いも補給。抗炎症成分も配合され健やかな肌に導く。

200g ¥1,320/オードムーゲ



Amazonで見る


naturieの
ハトムギ化粧水

naturieのハトムギ化粧水500g¥715/ナチュリエ(イミュ)

惜しみなく肌にたっぷり水分補給できる

田中望(Revolution PR プレス)
「昔から乾燥する季節になると化粧水をつける習慣がありました。色々試す中で、ナチュリエのハトムギ化粧水は値段がリーズナブルな上に大容量である点に惹かれて購入。シンプルなパッケージで、男女問わず手に取りやすいのもいいですよね。常時バスルームに置いて、入浴後の顔と全身にたっぷりと使用しています。この値段なので躊躇なく使えます。今まで美容にこだわっていなかったものの、この化粧水のおかげで肌ケアが習慣になりつつあります。今後は保湿ジェルと浸透乳液も一緒に使いたいですね」。



数々の雑誌やクチコミサイトでベストコスメ大賞を受賞している、ナチュリエのハトムギ化粧水。美容や健康に良いハトムギから抽出された美肌成分「ハトムギエキス」を配合し、保湿効果や肌のターンオーバーを促進させる。スキンケアのはじめに、500円玉大の量を3回重ねづけするのがおすすめだ。

500g ¥715/ナチュリエ(イミュ)



Amazonで見る

Amazonでの取り扱いは2本セットとなります。


Cetaphilの
モイスチャライジング ローション

モノグサな美容初心者に優しい、頼りになる一本

工藤健(ADAM ET ROPE プレス)
「化粧水、乳液、美容液とステップごとに丁寧にケアするのは苦手で、いわゆるオールインワンでケアする一本を探していたところ、妻に教えてもらったのがコレ。試したら自分の肌との相性が抜群でした。肌が弱くて荒れがちだったのですが、敏感肌向けのスキンケアブランドというだけあって、現状、何の問題もナシ。テクスチャーも気に入っていて、乳液特有のテカリやもたつきがなく、さらっとした使い心地ですぐ肌に馴染みます。時間がないときでもひと塗りするだけでケアできるから、僕のような美容初心者にはぜひおすすめしたい」。 



世界70ヵ国以上で多くの人に愛されているセタフィル。皮膚科学に基づいた処方で誰でも安心して使えるだけでなく、グリセリンやアボカドオイルなど厳選した保湿成分で肌の潤いをしっかり逃さない。同ブランドの洗顔料で汚れを落とし、化粧水を塗った後に使用するとさらなる保湿効果が期待できる。

237g オープン価格/セタフィル



Amazonで見る


HAUTの
オールインワンフェイストナー

HAUTのオールインワンフェイストナー120g  ¥2,800/オウ(CARTA COMMUNICATIONS)

機能以上にまず見た目に感動

綾 瞳(専門商社勤務)
「効能だけでなくパッケージデザインの完成度も求める自分にとって、これは初見で目に留まってジャケ買い。梱包や外箱も素晴らしく、オンラインの買い物で久しぶりに感動しました。いざ、使ってみると化粧水・乳液・美容液がオールインワンになっていて、すごくケアがラク。ベタつかず、テカリも少ない軽めのテクスチャーで短時間でケアできるので、忙しい朝にもってこいです。プラスチック性のケースは携帯にも便利で出張や旅行にも欠かせません」。



水のようなテクスチャーが魅力で、男性に多く見られる、奥が乾いていても表面はベタつきやすいという混合肌に合わせた処方。

120g ¥2,800/オウ(CARTA COMMUNICATIONS)



Amazonで見る


OSAJIの
センシティブ スキンローション

OSAJIのセンシティブ スキンローション150g  ¥3,630/OSAJI

ミニマルな成分構成で、敏感になった肌にもオススメの化粧水

藤村岳(男性美容研究家)
「肌が超敏感に傾いているときにも、満足できる使い心地で感動。特に花粉の時期に接触皮膚炎になってしまったときなどには重宝しています。もともと新製品発表会で開発者による熱心なプレゼンに心を動かされ使ってみたのですが、実際、すごくよかった。化粧水として余計なものは一切入っておらず、ただただ肌を守り、いたわってくれていると感じられます。複雑な成分配合だと、肌の状態やケアの手順に配慮が必要ですが、その点、これはシンプル。めんどくさがりな男性にもぴったりなアイテムだと思います」。



5年前にデビューした日本のスキンケアブランド。この敏感肌向け化粧水は限りなくシンプルな成分構成で、肌に必要なものを必要な量だけ調合。さらりとしてベタつきのないテクスチャーだが、塗布後はしっとりとした質感をキープする。

150g ¥3,630/OSAJI



Amazonで見る


SHISEIDO MENの
フェイスクレンザー

SHISEIDO MENのフェイスクレンザー130g  ¥2,750/SHISEIDO MEN(資生堂 お客さま窓口)

肌にたっぷり水分補給できる

藤村雅史(アートディレクター)
「色々な製品を試してきて、いまはSHIEIDO MENのライン使いに落ち着きました。美容液と保湿クリームは季節や肌の状態次第で変更することもありますが、オールシーズン朝夜欠かさず使うフェイスクレンザーが特に優秀だと感じています。泡がクリーミーで、思わずシェービングフォームとして使いたくなるほど。洗顔後に肌の潤いが失われてつっぱることもありません。脂っぽくなりがちな若い頃とは違って、乾燥が何より気になる年齢には、ありがたいですね」。



スキンケア成分配合の泡が、肌に必要な潤いを保ちながら、ニキビのもととなる汚れや過剰な皮脂によるべたつきを毛穴の奥から洗い流す。最近、ブランドのリニューアルにより、配合成分がアップデートされ、さらに人気が高まっている。

130g ¥2,750/SHISEIDO MEN(資生堂)



Amazonで見る


LA ROCHE POSAYの
トレリアンダー マレルゴクリーム

LA ROCHE POSAYのトレリアンダー マレルゴクリーム40g  ¥4,400/ラ ロッシュ ポゼ(ラ ロッシュ ポゼお客様相談室)

仕事道具としてはもちろん、自分の肌にも欠かせない

秋月庸佑(ヘア&メイクアップ アーティスト)
「仕事でモデルさんに安心して使える保湿アイテムがなかなか見つからなかったんです。オーガニック系は日頃使っていない人が突然つけると肌トラブルを起こす場合もあって・・・。これは多くの方にフィットし褒めてもらえました。 自身でも使うようになった結果、いまでは同ブランドのミストとライン使いするほどお気に入りに。みずみずしいのにしっとりするテクスチャーは最高。パッケージデザインもスマートで、もはや自分の肌にとっても手放すことができないナンバーワンアイテムです」。



皮膚の常在菌に着目するラ ロッシュ ポゼ。独自成分のスフィンゴバイオーマとモイストバリアコンプレックスを配合し、肌のバリア機能をサポートしながら、しっとりしたテクスチャーで乾燥から肌を守ってくれる。敏感肌にも優しい。

40g ¥4,400/ラ ロッシュ ポゼ(ラ ロッシュ ポゼ)



Amazonで見る


THREEの
フォー・メン ジェントリング エマルジョン

THREEのフォー・メン ジェントリング エマルジョン100g  ¥7,150/THREE

一生使い続けたい、信頼できるマイ定番

HORI(ヘア アーティスト)
「妻から『そろそろスキンケアを始めてみたら』と言われ、この乳液をもらいました。自分の見た目に特にこだわりを持っていないのですが、投資した分だけ肌の状態がよくなっているなと実感できます。さらりとした重くないテクスチャーで、爽快感を味わえるのも好みです。かれこれ3、4年、化粧水とセットで朝も夜も愛用中。気に入りすぎて一生使い続けたい一本です」。



スリーのメンズスキンケアシリーズから登場した美容乳液。精油をはじめ植物油やエキスなど天然成分を配合し、内側から健やかな肌に整える。過剰な皮脂をコントロールしながら保湿してくれるから、肌のテカリに悩む男性におすすめだ。同じシリーズの洗顔フォームと化粧水を併用するライン使いもおすすめ。

100g ¥7,150/THREE



Amazonで見る


SINN PURETEの
AGコンセントレイトセラム

SINN PURETEのAGコンセントレイトセラム30g ¥8,140/シン ピュルテ(JIMOS)

根底から肌を変える、ハリと艶の新美容液

中根吉浩(NOAH ジャパン ディレクター)
「乾燥しがちな敏感肌のくせに、もともと基礎化粧品には無頓着。コスパ重視で家に置かれているものを、何のこだわりも無く使っていました。ところが良いモノを使う機会があり、気付けば色々と試しては選ぶように変わってきて。このAGコンセントレイト セラムは、染み込んでいく感覚に、確かな違いを実感。肌の上にただ乗っているのではなく、浸透しながら潤いの膜が張るような高保湿力です。マインドフルビューティーやサステナブルを大切にするブランドのコンセプトにも共感しましたし、ヒトデエキスを高濃度に配合しているのも新鮮。もともとフレグランスにはうるさいのですが、香りも強すぎず心地いい。これまで、女性のイメージが強かった基礎化粧品ですが、すごく面白いですね。洋服以外のもので満たされるのも良いものです」。



ヒトデエキスを高濃度配合し、ハリと艶で満たしてくれるアンプルセラム。糸を引くような粘り気があるのに、すっと浸透してベタつかないテクスチャーが特徴。ナイアシンアミドやハトムギ種子発酵液も配合し、肌全体の透明感アップも期待できる。

30g ¥8,140/シン ピュルテ(JIMOS)



Amazonで見る


WELEDAのエーデルワイス UV プロテクト

WELEDAのエーデルワイス UV プロテクト50g  ¥2,530/ヴェレダ(ヴェレダ・ジャパン)

子供にも安心して使えるUVミルク

松本和也(ヘア アーティスト)
「最近は内側から体を整えることを意識していて、発酵食品を作ったりぬか漬けにハマったり…と自然由来のものを好むようになりました。スキンケアアイテムも同様で、ヴェレダは創業100年以上のナチュラルブランドという点が信頼できるし、赤ちゃんの肌にも安心の自然由来成分を配合していると知って購入してみることに。さらさらとした使い心地が好みで、日焼け止め特有の肌にベタッと残る感覚がないんですよね。結果、子供の運動会といった家族での外出シーンでも活躍しています」。



スイスのナチュラルコスメ、ヴェレダのUVミルクは紫外線をカットしながら潤いを与えてくれるから肌トラブルの心配なし。日焼け止め特有の白浮きもなく、トーンアップして顔全体を明るい印象に仕上げてくれるのが魅力だ。フレッシュシトラスの香りでリフレッシュ効果も抜群。

50g ¥2,530/ヴェレダ(ヴェレダ・ジャパン)



Amazonで見る


FIVEISM × THREEのFF シークレットエージェント UV

FIVEISM × THREEのFF シークレットエージェント UV30g  ¥3,850/FIVEISM × THREE

経験したことのないUVケアでルーティンに

長塚健斗(「WONK」 ボーカル)
「友人からギフトとして頂いたのがきっかけで愛用するように。最近まで日焼け止めを使ってきませんでしたが、紫外線対策の大切さに気づき、これに出会ってからは、毎日出かける前には欠かさず塗るようにしています。UVケアクリームに抱いていた、塗布後に肌がゴワゴワするイメージが覆され、むしろ肌の調子が整って健康的に仕上がる気がします。持ち運びしやすいサイズで重宝しています」。



ファイブイズム バイ スリーは、男性特有の肌質や肌悩みを考慮したアイテムを展開するメンズコスメブランド。UVクリームは紫外線対策としてはもちろん、肌の色を補正して自然なトーンアップを叶える機能も。UVケアと同時に余分な皮脂を吸着してテカリを抑えるから、夏場でもベタつかず清潔感を保てる。スキンケア感覚で試せるようカラーレス仕様で、美容初心者にも人気が高い。
30g ¥3,850/FIVEISM × THREE



Amazonで見る


※掲載している情報はオリジナル記事作成時のものです。記事内の価格と販売価格が異なっていたり、売り切れなどにより取り扱いが終了している場合があります。

Photos:Yoshio Kato 
Text:Takako Nagai