「Vyrao」と書いて「バイラオ」。


香水を中心としたパフューマリーとヒーリングを融合させたウェルビーイングブランド「Vyrao(バイラオ)」が英国から初上陸。7月20日(水)から「RESTIR BOUTIQUE」で販売がスタートしている。


サステナブル意識が高く、ライフスタイルや美容に関心のある大人男子は要注目だ。


Yasmin Sewell



2021年にロンドンで創業した「バイラオ」は、ファッションコンサルタントから転じてヒーラーとなったヤスミン・スウェル(Yasmin Sewell)が創業。ものの数か月で、「LN-CC」「Kith」「SSENSE」などの海外オンラインストアや百貨店に販路が広がっていた。


自ブランドを「ネガティブなエネルギーを浄化するニューエイジ・ヒーリングと、代替療法をルーツにしたマスターパフューマリーを融合させたウェルビーイングブランド」と定義づけ、そのカテゴリーにおいて世界初を謳っている。





photo
photo
photo
photo
prevnext


オードパルファム(5香料/50ml/各¥25,300)
オードパルファムディスカバリーセット(7.5ml×5香料/¥15,400)
キャンドル(3香料/250g ¥30,800・170g ¥13,750)
インセンス(3香料/30本入り/各¥7,700)



具体的な日本初上陸時の商品ラインナップは、オードパルファム(5香料)、オードパルファムディスカバリーセット(5香料)、キャンドル(3香料)、インセンス(3香料)など。価格帯はややラグジュアリー。


商品パッケージも持続可能なプロセスを意識したもの。森林管理協議会に認証されたパッケージは、フェナー・ペーパー社と協力開発したアップサイクル素材の繊維で作られ、印刷物においても、英国で唯⼀完全なカーボンバランスを実現したハートグラフ社が所有するプリンターを採用するという徹底ぶりだ。



主軸となるヴィーガンフレグランスは、エシカル調達された88%~89%の天然成分と11~12%の天然合成成分(80%のオーガニック認証)で構成。


農薬や肥料を使わずに栽培した有機サトウキビ発酵アルコールを使用。ヴィーガン・グルテンフリー・クルエルティフリーかつ100%の生分解性で、ホルモンを乱したり肌やリンパにダメージを与えたり人体や環境に危害を与えることはないとされている。



トップノートからベースノートまで丁寧に調香されたフレグランスは、代替療法の伝統的なレシピによる花々や植物の自然治癒力をエッセンスに、ハワイ在住の有名エナジストがエネルギーを注ぎ込んだハーキマーダイヤモンドを配合している。


ネガティブなエネルギーを浄化し、自分への愛情を高めるといった働きで、「心身ともに健康で社会的にも良好な状態にしてくれる効果が期待できる」と公式リリースに記載あり。過度にスピリチュアル過ぎない、成分の詳細な商品説明に安心感が沸く。



仕事に忙殺されがちなビジネスマン諸君、日本初上陸の「バイラオ」を試してみては?




Vyrao
日本発売:2022年7月20日(水)
販売店舗および問い合わせ先:RESTIR BOUTIQUE
住所:港区赤坂9丁目6-17
TEL:03-5413-3708
RESTIR

Text: Takafumi Hojoh