Watch SNAP 30

11
パテック フィリップのゴールデン・エリプス
2024.06.04

パテック フィリップのゴールデン・エリプス

長嶋太陽さん/編集者

いい意味で目立たないので、ほとんど気づかれない

長嶋太陽さん/編集者

「昨年9月の誕生日に、江口時計店でゴールデン・エリプスを購入しました。昨年は結婚に妻の出産、法人化、新記事業の立ち上げなど、人生におけるイベントが凝縮した激動の一年でした。その記念として買った意味合いが強いですね。カラトラバかゴールデン・エリプスで迷いましたが、カラトラバは愛用している知人が多いのと、ゴールデン・エリプスの美しさと収まりの良さに惹かれました。これを着けていて気づいてくれた人はこれまでに数名。最初に気づいてくれたのが金子恵治さんでした。目立たせたくはないけれど、気づいてもらえると嬉しい。矛盾していますよね(笑)。今後もひっそりと愛用していきます。あとは、自分の誕生日の3日後に生まれた娘に将来譲れるサイズということが、最大の言い訳になりました(笑)」

パテック フィリップのゴールデン・エリプス

「大きなフェイスの時計が好みではなく、34mmくらいのものに惹かれることが多いです。ロレックスの“Ref 5500”もよく着けていますが、それも34mmくらい。一本筋の通ったスタイルを持つ大人は格好いいと思いながら、自分は性格的にも仕事的にも、いろいろな服を着てみたくなるので、何にでも合わせられるところが重宝しています。ホワイトゴールドの主張のなさもお気に入りですね」

パテック フィリップのゴールデン・エリプス
もっとも美しい比率とされる黄金分割法を用いてデザインされたゴールデン・エリプス。ラグを持たないオーバルシェイプで個性的なフォルムが最大の特徴だ。かつて田中角栄元首相が愛用したことでも知られるが、楕円のケースとシンプルな文字盤の組み合わせは、着ける人を選ばないのも大きな魅力といえる。長嶋さんの個体はケースがホワイトゴールド。

「ロレックスのデイトナやサブマリーナーなど、ゴツくて精巧な時計にモノとしての美しさは感じますが、実際に着けるとなると自分には合わないと思います。現実的に欲しいと思うのは、ゴールデン・エリプスと迷ったカラトラバ。時計の美しさの基準を作ったモデルと解釈しているので、そこに敬意を持ちつつ、いつか身につけてみたいです」

編集者
長嶋太陽さん

1988年生まれ。新卒で広告代理店に入社し、その後ウェブマガジン『フイナム』の編集者に。2018年よりフリーランスのエディター・ライター・コピーライターとして活動開始。現在は「TAIYO INC.」と複合スペース「Conglomerate ii」を設立し、編集、クリエイティブディレクション、イベント企画など多角的に活躍する。

Photos: Yumi Yamasaki
Text: Yasuyuki Ushijima

最終更新日:2024.06.04

11
Watch SNAP 30

LISTED

26
Coming Soon ブレゲのクラシック
ブレゲのクラシック
小曽根広光さん/エディター・ライター
25
Coming Soon ラルフ ローレンのスティラップ
ラルフ ローレンのスティラップ
中川 司さん/フォトグラファー
24
Coming Soon パネライのルミノールGMT
パネライのルミノールGMT
牛島康之さん/ エディター・ライター
VIEW MORE >

RECOMMENDED