#01 CELINE|セリーヌの白スニーカーコーデ

お手本はセルジュ・ゲンスブール。
今季のセリーヌのコレクションを見て、長らくご無沙汰だったセルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの’70年代風デニムスタイルが気になり始めた。つまり、フレアシルエットと再び向き合うということだ。でも求めているのはヒッピームードではなく、あくまでジャケットやシャツ(時にはタイドアップ)で品よく洒脱、パリジャンのようにクリーンな着こなしだ。セリーヌの新作は膝からのフレアが緩やかかつセンタークリース入りなので、当時のデニムより圧倒的にスマート。選び方も着こなしも大切なことはすべてセリーヌが教えてくれる。ジーンズ¥87,000・ジャケット¥325,000・シャツ¥88,000・ベルト¥55,000・スニーカー¥62,000・バッグ¥120,000(すべて予価)/セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

→セリーヌの白スニーカーコーデを詳しくみる


#02 VANS|ヴァンズの白スニーカーコーデ

いい人に見えるストーンウォッシュとは?
ロンドンのスケートブランド、パレスのデニムは細すぎず太すぎずなストレート。洗いをかけるとき石を一緒に入れる「ストーンウォッシュ」なのでステッチ部分などが絶妙に色落ちしていて、がんばりすぎた加工感がなく、カチカチのブラックデニムより雰囲気も優しく仕上がる。はき心地もやわらかいので大人向けのブラックデニムだ。ジーンズ¥22,582/パレス スケートボード(パレス スケートボード 東京) スウェット¥16,000/ユニバーサル プロダクツ(1LDK) 肩に掛けたアノラック¥50,000/N.ハリウッド TPES(ミスターハリウッド) スニーカー¥5,500/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン) バッグ¥20,000/CDG(コム デ ギャルソン) ブルーボトル エコカップ 340㎖ ¥1,800/ブルーボトルコーヒー

→ヴァンズの白スニーカーコーデを詳しくみる


#03 Common Projects|コモンプロジェクトの白スニーカーコーデ

黒、白、グレーだけでスマートに見せる
たっぷりとしたオーバーオールと真逆のスリムな白シャツ。対極にあるアイテムながら、モノトーンなら洗練された印象。この2アイテムの仲介役が間の色であるグレーのブルゾン。モード感が強くなりがちな白~黒のコーディネートに少しのほっこり感が生まれて新鮮だ。オーバーオール¥24,800/オアスロウ(ベースデニムプロダクツ) ブルゾン¥109,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店) シャツ¥37,000/サイ(マスターピースショールーム) スニーカー¥54,000/コモン プロジェクト(トゥモローランド) メガネ¥32,000/オリバー ゴールドスミス(コンティニュエ)

→コモンプロジェクトの白スニーカーコーデを詳しくみる


#04 CONVERSE|コンバースの白スニーカーコーデ

上品なショートブルゾンに合わせてモダンにはく
自然なブーツカットで、きれいなクッションも楽しめるフレアパンツ。合わせる足元はスニーカーでも革靴でもいいけれど、スタイリングは端正&小ぎれいに、が鉄則。ショート丈のブルゾンだと、全体のシルエットの収まりもよく、程よくカジュアル、程よくモダン。シックな配色のチェックのパンツに合わせて全体の色のトーンも大人っぽく。パンツ¥23,000/ニードルズ(ネペンテス) ブルゾン¥68,000・シャツ¥34,000/コモリ(ワグ インク) ニット¥27,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ベルト¥9,500/ハリウッド ランチ マーケット スニーカー¥7,000/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

→コンバースの白スニーカーコーデを詳しくみる


#05 inov-8|イノヴェイトの白スニーカーコーデ

ポップな水色フーディはドレスなシャツでミスマッチを狙う
カジュアルなカラフルフーディの中でもこの春注目したいペールトーン。特にオススメなのはこんな淡い水色だ。インナーにはドレスなストライプシャツを合わせて、あえてミスマッチを狙うのが面白い。ネイビーのスラックスも程よくワイドで、カジュアルとドレスのちょうどいい中間を狙って。パーカ¥43,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) シャツ¥32,000/インディビジュアライズド シャツ フォー ドレス(にしのや) パンツ¥76,000/セヤ(ビオトープ) スニーカー¥20,000/イノヴェイト(デサント トウキョウ)

→イノヴェイトの白スニーカーコーデを詳しくみる


#06 Common Projects|コモンプロジェクトの白スニーカーコーデ

いつものストライプシャツから優しい雰囲気のマドラスチェックに乗り換えてみる
「ここ数シーズン、シャツといえばストライプでしたが、最近はチェックが気分。シャツで取り入れるのも手軽でオススメ。これは“スペック染め”した糸で織ることで自然と着古したようなトーンに。手持ちのパンツにも馴染む」。シャツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース タートルネックカットソー¥3,800/ライフウエア(ユーソニアン グッズ ストア) パンツ¥39,000・手に持ったジャケット¥79,000/スタジオ ニコルソン(キーロ) スニーカー¥58,000/コモン プロジェクト(トゥモローランド) メガネ¥58,000/10eyevan(コンティニュエ)

→コモンプロジェクトの白スニーカーコーデを詳しくみる