今、売れてるスニーカーはこの2足!

“H”でとにかく売れたボンダイ

「いなたさとスポーツ感にラグジュアリーな雰囲気をミックスさせたモデルは、調子がよかったです。安定して人気だった〈ナイキ〉のハイテク系の他、目立っていたのは〈ホカ オネオネ〉の「ボンダイ」。あとは〈サロモン〉がよく売れました」(青谷さん)。〈ホカ オネオネ〉の中でも厚底のロード用「BONDI 6」はエイチ ビューティ&ユースで大ヒット。黒アッパー×白ソールのストリート的配色も人気の理由。¥21,000/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)


スタッフにも人気再燃の日本製オールスター

「最近はクラシックな〈コンバース〉や〈ヴァンズ〉の調子がいい。日本製の「オールスター」を買い直すスタッフが増えましたね。エイチが提案するファッションがいわゆる“きれいめモード”からクラシックなアメカジにシフトしていますし、もともとローテク好きの社員も多いので。色は圧倒的にブラックが人気ですね」(青谷さん)。日本製のオールスターは’80年代を彷彿とさせる細身のフォルムが特徴。トウの小さなラバーもヴィンテージ好きのディテールだ。¥12,000/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)


春に売れるスニーカーはこの2足!

ニューヨークの新鋭OBRAと、ロンドンの新鋭S.W.C

「春夏はスポーツメーカー以外のオーダーを増やしました。ニューヨーク発の〈オブラ〉やロンドン発の〈エスダブリューシー〉のローテクなキャンバスシューズに注目しています。履き心地もなかなか。アメカジやスケートっぽさを抑えて大人っぽく見せたい人におすすめです。エイチの春夏は、マウンパやダウン、フリース人気の流れからレトロなアウトドア色が強くなりました。そういった足元にも合わせやすいです」(青谷さん)。[右]英国のワークやスポーツといった伝統的な文化をオマージュしたイーストロンドンのブランド。クラシックだがソールは分厚く、クッションもしっかりしている。スニーカー¥13,000/エスダブリューシー(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) [左]NYのスニーカーブティック、ALIFEのファウンダーの一人と元コンバースのデザイナーによるオブラ。定番のスリップオンは履き口は高めで、ソールも肉厚と今っぽいフォルム。二重構造のEVAインソールは快適だ。スニーカー¥16,000/オブラ(エイチ ビューティ&ユース)


青谷克也
エイチ ビューティ&ユース バイヤー
KATSUYA AOTANI


UOMO読者が全員大好き、“エイチ”のスニーカーのバイイングも担当する敏腕バイヤー。


エイチ ビューティ&ユース TEL:06-6438-5230
コンバースインフォメーション TEL:0120-819-217
デッカーズジャパン TEL:0120-710-844
ビューティ&ユース 渋谷公園通り店 TEL:03-5428-1893

Photos:Yuichi Sugita
Stylist:Takeshi Toyoshima
Illustration:Masaki Takahashi
Composition&Text:Masayuki Ozawa