1 シューズ¥19,000/マーガレット・ハウエル×ミズノ(アングローバル)。 2 工場の入り口にドラマ「陸王」のポスターが! 3 工場内で生産されるハイエンドなランニングシューズ。ヒールに「japan」!



上のマーガレット・ハウエルとミズノの「Mライン」とのコラボシューズを展示会で見たときは、ずいぶんとレトロ感を狙ったなと思ったものです。Mラインとは簡単に言えば「ランバード」の前身。1970〜’80年代はアスリートから学生までが「M」の入ったシューズを履いていました。しかし’83年に宇宙の惑星軌道をモチーフにした「ランバード」マークを発表。互いのブランドが共存し合う中でランバード製品が社内シェアを高め、’90年代初期になるとMラインは姿を消していきました。



その関係性はカセットテープとCDのようだと思っていたのですが、復活したMラインはレトロなカセットテープじゃなかった。アーカイブを復刻し、そこにマーガレット・ハウエルが乗っかる。ものづくりに特化した両者ならもう一声!と思っていた僕は浅はかでした。シューズは常に進化しているから「レトロランニング系」って見た目重視で履き心地はイマイチ。この靴もその類いと思っていたら、不思議なことに試着したときよりも数日後の足入れ感のほうがいい! その秘密を生産工場に行って解明してきました。



Mラインのシューズは兵庫県宍粟(しそう)市の山崎ランバード工場で生産されています。ここは通常、箱根駅伝や実業団選手向けのランナーやプロ野球選手に向けた特別なシューズやスパイクを製造するところ。アジア生産が主流な中、日本製なだけでも価値があるのに、その中のトップモデルと同じ生産ラインで、このレトロなシューズが作られているんです。


4 Mマークの金型は復刻の際にちょっと形を変更している。 5 開発チームはMラインの復刻に約2年の歳月を注ぎ込んだとか。写真はパタンナーの中村さん。 6・7 このモデルはランバードの最高級モデル「エンペラー」と同じラスト。最初は細く感じるけど、こだわりのパターン設計のおかげですぐフィットする。



お話を聞いたのは、パタンナーとしてこの道約15年のマイスター、中村勉さん。「やるべきことは今のランニングシューズと変わりません。ミズノで作るからには、無駄なシワや接着剤のはみ出しなどは許されませんよ」というだけあって、ナイロンツイルがピンと伸びたトウの作りはさすが。レトロ靴ってある種の「雑味」や「手作り感」が評価されるのに、さすが一流選手をサポートするだけあって自分たちに厳しい!



「Mラインは自分でもやりがいのあるシューズ。似たような靴はあっても、ノウハウと技術を注入したものはここでしか作れません。今回は、既存のレーシング用シューズのラストを使うことがコンセプトでした。スリムで安定感がある履き心地はそのため。ただしスポーツシューズよりも着用時間の長さを考慮して、少しゆとりをもたせています」とのこと。



その微妙なさじ加減を調節するのが中村さんのお仕事。同じラストでも、優秀なパタンナーでないと不格好になることも。ランニングシューズである以上、軽さやスピード感を可視化するために、スリムなフォルムは不可欠なのです。



日々アスリートに最適なフィットを提供するランバード工場の技術者が作るから、ただのレトロランシューズとは一線を画す美しさと履き心地が、このモデルにはありました。そのこだわりに、マーガレット・ハウエル氏も惚れ込んでいるみたいですよ。次回は、もう一つの開発秘話について書きたいと思います。乞うご期待!

小澤匡行

「足元ばかり見ていては欲しい靴は見えてこない」が信条。スニーカー好きが高じて『東京スニーカー史』(立東舎)を上梓。靴のサイズは28.5㎝。


アングローバル TEL: 03-5467-7864

Illustration:Yoshifumi Takeda
Photos&Text:Masayuki Ozawa
(2018年1月号掲載)

SERIES

「教えて! 東京スニーカー氏」の記事一覧

【教えて! 東京スニーカー氏 #27】あったかいスニーカーが欲しいのですが。|2019年3月号掲載

結婚式にスニーカーはありですか?【教えて! 東京スニーカー氏 #36】

ファッションで楽しめるトレック系スニーカーは?【教えて! 東京スニーカー氏 #35】

いいホテルで履くべきスニーカーは? 【教えて! 東京スニーカー氏 #34】

北欧のスニーカーはどこが違う? 【教えて! 東京スニーカー氏 #33】

【教えて! 東京スニーカー氏 #32】ランニングの楽しみ方を教えて

【教えて! 東京スニーカー氏 #31】ものづくりの現場を見せてください。

【教えて! 東京スニーカー氏 #30】東京メイドのスニーカーはありますか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #26】シューズボックスの再利用について教えてください|2019年2月号掲載

【教えて! 東京スニーカー氏 #25】スニーカーを“履く”以外の楽しみ方はありますか?|2019年1月号掲載

【教えて! 東京スニーカー氏 #24】そろそろスニーカーの生産背景も選択基準にしたいです。

【教えて! 東京スニーカー氏 #23】最新のボリュームスニーカーのオススメはありますか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #22】ナイキの特ダネ、教えてください!

【教えて! 東京スニーカー氏 #21】浴衣に合わせたくなる夏スニーカーはありますか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #20】デスクの下に保管できる社内スニーカーが欲しいです。

【教えて! 東京スニーカー氏 #19】40歳男子にダッドシューズはありなのでしょうか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #18】ニューバランスは、やっぱりグレーなのでしょうか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #17】40歳男子が似合うエア マックスってどれですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #16】アメリカントラッドなスニーカーって、何がありますか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #15】クラシックな名品が愛され続ける条件って、何ですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #14】こはぜ屋の「マラソン足袋」を履いたら、速く走れますか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #13】流行りのドラマ「陸王」みたいな、心を動かすシューズの開発秘話を聞かせて

【教えて! 東京スニーカー氏 #12】ディナーに履いていけるスニーカーってなんですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #11】この秋冬、勢いあるな、って感じるブランドはなんですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #10】加水分解するって、名誉の勲章なのでしょうか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #9】このまま海へ行きたくなる大人の青春スニーカーは?

【教えて! 東京スニーカー氏 #8】浮かれて見えない雨用スニーカーって、何ですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #7】何かと移動の多いGWの旅行を快適に過ごせる、スニーカーは?

【教えて! 東京スニーカー氏 #6】オジさんじゃなくて大人なスニーカーって、つまりどういうことでしょうか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #5】いい大人がスニーカーを洗うって、貧乏くさいですよね?

【教えて! 東京スニーカー氏 #4】スケート歴0年の40歳です。ヴァンズを買うならどっちがいいですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #3】友人に“オールスターは黒のハイカットでしょ”と言われました。本当ですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #2】ナイキのフライニットは冬に履いてもいいんですか?

【教えて! 東京スニーカー氏 #1】スタンスミスって種類が多い。どれを買えば正解でしょうか?