レコンとミレンコン!


ファッション映えするスポーツスニーカーとして世界中から支持されている「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」の「Stan Smith(スタンスミス)」から、新たな歴史を刻む再構築モデルが誕生。


その名称は「Stan Smith Styled with Blue Version(スタンスミス スタイルド ウィズ ブルーバージョン)」。野心的な2型のスタンスミスが、1月13日(金)から直営店限定で発売される。




この2型のスタンスミスは、「アディダス オリジナルス」のハイラインとして2021年9月に始動した「Blue Version(ブルーバージョン)」からのリリース。同族ではあるが、2型のデザインはまったく異なる。


双方のアッパーには天然素材および再生可能素材を50%以上使用したサステナブル素材が充てられた。リアルレザーではない。



STAN SMITH RECON
¥20,900



ミニマリストな大人へのお勧めは、シュータンにスタン・スミス氏の顔が描かれていない「STAN SMITH RECON(スタンスミス レコン)」だ。


カラーはフットウェアホワイト(ヒール箇所がコアブラック)と、コアブラック(ヒール箇所がクリスタルホワイト)の2色展開。モノトーンカジュアルからドレススタイルの外しまで柔軟に対応する。




まさに、大人向け。本家自ら振り切ったミニマルデザインに感涙必至だ。


アイコニックな顔の代わりに「ADIDAS – STAN SMITH」と刻まれたシュータンは、見た目以上に洗練された雰囲気を醸す。コーディネートを締めるソリッドパーツとしてヘビロテ間違いなし。







STAN SMITH MILLENCON
¥15,400



もう一方のスニーカーは顔アリ。慣れ親しんだフラットソールから大胆に舵を切り、流線形ボディでオリジナルを根本から変えた「STAN SMITH MILLENCON(スタンスミス ミレンコン)」だ。


顔ナシの「RECON(レコン)」と顔アリの「MILLENCON(ミレンコン)」、間違えやすいので要注意。




現状1色展開。慣れ親しんだフラットソールから果敢に仕様変更した「アディダス オリジナルス」の新機軸は、波打つボリュームソールに明らか。



なお、2021年の「ブルーバージョン」始動時より定評のあるアパレルも展開。ブルーバードをキーカラーに、「1970年代のナイトクラブシーン」にインスピレーションを得たスパンコールトラックジャージーやフレアパンツ、ジャージードレスなどが発売される。




シンプルな美意識と温故知新のダイナミズムが共振したスタンスミスの「ブルーバージョン」2型。王者の青き想いを全身で受け止め、トータルコーディネートで大人の貫禄を見せつけよう。




adidas Originals:
STAN SMITH STYLED WITH BLUE VERSION
発売日:2023年1月13日(金)
販売店舗:公式アプリ、公式オンライン、直営店
adidas Originals:STAN SMITH STYLED WITH BLUE VERSION