アメリカンモダニズムの先駆者ジョージア・オキーフが晩年を過ごした家からインスピレーションを得たグラフペーパーの秋冬コレクション。その足元を飾る2色のコラボスニーカーが10月1日(土)より発売される。

ニューヨークを拠点に活動していたジョージア・オキーフが60歳を目前に移住し、終の住処としたニューメキシコのゴーストランチとアビキューにあるふたつの家は、それ自体が作品ともいわれ、数々の名作がここで生まれた。雄大な大地に建つ家の壁面や景色、彼女が収集した動物の骨や石などからインスピレーションを得た、ブリック、サンドベージュ、エクリュ、グリーンが秋冬コレクションの象徴的なカラーパレットだ。

このほど発売されるスニーカーは、1950〜80年代にチェコスロバキアのパルチザンスケという小さな町で生産されていたシューズブランド、ゼットディーエー(ZDA)とのコラボレーションモデル。現存する当時のソールや型、実際に製造していた機械を用いてハンドメイドで仕上げられるトレッキングシューズ「Climber」をベースに、今季のカラーパレットを落とし込んだグレーとベージュの2色をラインナップする。

アッパーは上質なイタリアンスエードとしなやかなイタリアンナッパレザーを使用。ソールはサイズの異なるEVAとワイドラバーソールの段差構造を採用してボリューム感を演出。グレーのグラデーションとホワイト×ベージュのコンビネーション、深みのあるやわらかなカラーリングにより、スポーティなインラインモデルとは一線を画す、ストイックでモダンな佇まいに仕上げた。

日々のスタイリングとの親和性はもちろんのこと、プロダクトとしての美しさを追求したこだわりのコラボスニーカーはどちらの色を選んでも間違いなし。深まる秋の大人の着こなしをシックに演出してくれるはずだ。


ZDA for Graphpaper “Climber“ ¥38,500

ZDA for Graphpaper “Climber“ ¥38,500



グラフペーパー青山店 TEL:03-6418-9402