01:NIKE|NIKE AIR KUKINI

スニーカー¥16,500/ナイキ スポーツウェア(アトモス カスタマー)

2000年代の名品スニーカーが斬新なレオパード柄で

「エア マックス95熱が落ち着いて、ナイキが新しいフェーズに切り替わったのを象徴するエア クキニ。30代にはなじみが薄いかもしれませんが、40代ならすぐわかると思います。『見たことないぞ、こんな靴!』というスニーカーをナイキが出し始めたアルファプロジェクトの一環としてリリースされ、2000年代初頭に大ブレイク。その名品の復刻第1弾としてレオパード柄が登場します。これから多様に展開されるようで個人的にも楽しみです」(小澤)


アッパーに蜘蛛の巣のようなTPUケージをはりめぐらせたスリッポンシューズ。2020年にステューシーがエア ズーム スピリドンのソールユニットを使用したハイブリッドモデルをリリースしたが、ビジブルエアユニットでの復刻は初。インパクトのあるレオパード柄は早くも完売予報が。


02:New Balance×BEAUTY&YOUTH|NB×BY ML725WR1

スニーカー¥14,850/ニューバランス×ビューティアンドユース(ビューティアンドユース 丸の内店)

ギークシューズをスタイリッシュにスライド

「ニューバランス725は2000年代のランニングシューズに着想を得た新しい品番。インラインのグレーモデルには、スティーブ・ジョブズが履いていそうなギークなムードが漂っています。ビューティ&ユースの別注は、そんないなたいスニーカーをクリーンなカラーリングでシティスタイルにアレンジしている点が秀逸。アクを抜いてサラッとさせたファッションスニーカーは、取り入れやすいのではないでしょうか?」(小澤)


スニーカーシーンで人気の2000年代スタイルを、ホワイトとNBらしいライトグレーでブラッシュアップ。トレンドカラーのケリーグリーンとゴールドをあしらって、プレッピーなムードをプラスした。上品な仕上がりはビューティアンドユースの真骨頂。



03:On|Cloudmonster

スニーカー¥18,480/オン(オン・ジャパン)

ヨーロッパらしい美配色が大人の服装にマッチ

「ロエベとのコラボやキャットストリートの旗艦店オープンも話題のオン。ランナーに評価されてきたスポーツブランドが、おしゃれ好きに響くことを仕掛けてきました。僕もずっと注目していましたが、代表モデルのクラウドはソールの薄さが自分に合わない気がしていたんです。でもこの新しいソールユニットはバランスがよくて、シューレースの薄いグリーンの色みもすごく好み。スイスのブランドならではの配色も楽しみたいです」(小澤)


オン史上最大ボリュームのクラウドテックソールを搭載。最高のクッショニングとエネルギーリターンが魅力の本気ランニングシューズ。アサイー/アロエのニュアンスのあるカラーリングは、大人のカジュアル服と相性抜群。さりげなくトレンド感を添えてくれる。


小澤匡行

「足元ばかり見ていては欲しい靴は見えてこない」が信条。スニーカー好きが高じて『東京スニーカー史』(立東舎)、『1995年のエア マックス』(中公新書ラクレ)を上梓。靴のサイズは28.5㎝。



アトモス カスタマーTEL:03-6629-5075
オン・ジャパン TEL:050-3196-4189
ビューティアンドユース 丸の内店 TEL:03-6212-1500

Photos:Yuichi Sugita
Stylist:Masayuki Ozawa
Composition&Text:Hisami Kotakemori
Illustration:Yoshifumi Takeda