#3青いスニーカー

NIKE SPORTSWEAR

「AIR JORDAN1」もいいけれど、この「DUNK Hi RETRO」のぽってりとした佇まいも捨てがたい。ロイヤルブルーと白が気持ちいい。6月発売。¥13,200/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス)


adidas originals

’70年代のクラシックなランニングシューズを復刻。スエードとナイロンのアッパーは深みのあるネイビーで渋く、足元にレトロムードな抜け感を演出。¥9,889/アディダス オリジナルス(アディダスお客様窓口)


VANS VAULT

音楽やアートのエッセンスを取り入れたラインの「オーセンティック」はデニムではなくブルーのかすりプリント。現代アートの佇まいだ。¥9,350/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッドby ハンドイントゥリーPR)


NORTHWAVE

’90年代に大ブームとなり日本のストリートスタイルの定番となった「Espresso」の復刻。アフタースノーボードをコンセプトにしているだけあり、履き心地は当然最高。¥21,780/ノースウェーブ(Diptrics)


New Balance

ビッグNロゴが目をひく「237」は’70~’80年代のランニングシューズのアップデートモデル。水色、ネイビー、ブルーグレーの配色が知的。¥9,790/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室)


WAKOUWA

土踏まずがくびれた独特の木型とオリジナルのインソールで感動のフィットを得られるアナトミカの定番デッキシューズも青を選ぶべき。ソールが白ではなく黒なのが渋い。¥19,580/ワクワ(アナトミカ 東京)


asics

もうアシックスはランナーだけの相棒にあらず。キコ・コスタディノフチームが監修する「TARTHER BLAST」はネイビー×シルバーの配色がモダン。¥14,300/アシックス(アシックスジャパン お客様相談室)


diaspora skateboards×PATRICK

東京発のスケートボードフィルムクルーとフランスのシューズブランドのコラボ。白メッシュと水色レザーの爽快な配色が夏らしい。¥17,600/ディアスポラ スケートボード×パトリック(カメイ・プロアクト)


SUPERGA per KAPTAIN SUNSHINE

イタリア軍のトレーニングシューズをベースに、キャプテン サンシャインが白のトリミングを施しかわいげのある仕上がりに。¥12,100/スペルガ ペル キャプテン サンシャイン(キャプテンサンシャイン)


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら



Photos:Yoshio Kato 
Stylist:Masanori Takahashi