ASICS RUNWALK

レザーシューズ¥24,200(税込)/アシックスランウォーク(アシックスジャパン お客様相談室)

機能とルックスを両立したプレーントウ

「機能と美しさを両立した、走れるビジネスシューズ」としておなじみ。中でも人気のプレーントウはゴアテックスファブリクスを搭載した透湿防水性のレザーアッパーに、インナーソールにはアシックスのランニングシューズにも使われている“オーソライト”を採用。またヒール部分にも衝撃緩衝機能「GEL(ゲル)」を搭載し、スニーカーのような履き心地を実現。ベーシックのお手本のようなフォルムと光沢のあるレザーで、合わせる服を選ばない。


REGAL

ローファー¥24,200(税込)/リーガル(リーガル コーポレーション)

旬のローファーも今なら防水仕様で

トラッド回帰のトレンドや新しいライフスタイルにマッチした革靴として脚光を浴びるローファー。リーガルではゴアテックスファブリクスを採用した防水仕様のローファーをラインナップしている。癖のないオーセンティックなデザインはどんなスタイルにも合わせやすく、一足持っていると重宝だ。ソフトレザーのアッパーは足当たりもよく、アウトソールは排水機能を考えた溝のパターンでグリップ性も両立。しかも軽量だから1日中ノーストレスで履ける。


SPINGLE MOVE

ホールカットOXシューズ¥27,500(税込)/スピングルムーヴ(スピングルカンパニー)

メイド・イン・ジャパンのモード感漂う一足

巻き上げソールが印象的な日本製ハンドメイドスニーカーで人気を博す、広島発のスピングルムーヴ。ビジネスシューズのラインも手がけ、履き心地のよさが評価されている。ゴアテックス搭載の撥水レザーシューズは、足当たりのいい天然ゴムのアウトソールを備えグリップ性も抜群。羽根のないミニマムなレースアップのデザインがモードな表情で、メゾン系の洋服にもしっくり似合う。タン上部にGORE-TEXの文字が型押しであしらわれているのもスタイリッシュ。


CLARKS ORIGINALS

ワラビーゴアテックス¥33,000(税込)/クラークス オリジナルズ(クラークス ジャパン)

大ヒットシューズが新作でハイブリッドに

昨年登場するや話題を呼んだゴアテックスワラビー。新作はヌバックとナイロンキャンバスのコンビアッパーにホワイトソールで軽快なルックスに。ブラックに近いダークネイビーだからレザーライクにコーディネートできて、しかも白いソールが抜け感を添えてくれる。防滑性を高めたトレッドラバーアウトソールでどんな天候条件もクリア。透湿防水機能もついて進化し続けるが、1966年のデビューから包まれるようなやさしい履き心地は変わらず。


ECCO

レザーシューズ”ST.1 HYBRID LITE DERBY TIE WITH OLD-SCHOOL GTX”¥33,000(税込)/エコー(エコー・ジャパン)

遊び心が欲しいならこのウィングチップを

デンマーク発のコンフォートシューズブランド、エコー。デンマーク王室御用達でありながら、先端技術を取り入れた靴づくりはライフスタイル先進国らしい。ゴアテックステクノロジーを搭載したシューズも数多く、ウィングチップシューズもラインナップ。人間工学に基づいたアナトミカルラスト(木型)、独自の一体成型製法FLUIDFORM™(フルイドフォルム)テクノロジーでつくられる。アッパーは自社レザー工場で開発&製造されたフルグレインレザー。軽量かつスニーカーのような履き心地で革靴ながらリピートしたくなる。


RED WING

レザーシューズ”ポストマン”¥48,400(税込み)/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン)

老舗ブランドが放つON/OFF兼用シューズ

ワークシューズの老舗ブランドとしておなじみのレッド・ウィングからもゴアテックス仕様のポストマンシューズが。1960年代にはノーマンロックウェルが描いた広告も存在するオーセンティックモデルに、防水性を高めるため袋状になったブーティ構造を採用し、フィッティングとクッショニング抜群のインソールを投入。アッパーは防水性を持たせた上質な牛革「ブラック・ユーコン」、クレープソールはオールブラックで、タフでありながら品のよい仕上がり。



アシックスジャパン お客様相談室 TEL:0120-068-806
リーガル コーポレーション TEL:047-304-7261
スピングルカンパニー TEL:0847-41-5609
クラークス ジャパン TEL:03-5411-3055
エコー・ジャパン TEL:0120-974-010
レッド・ウィング・ジャパン TEL:03-5791-3280

Photos:Naoki Seo
Stylist:Takumi Urisaka
Composition & Text:Hisami Kotakemori