藤原ヒロシがこよなく愛する「あの店の一皿」