COAT: EMPORIO ARMANI / KNIT: SATURDAYS NYC / SHOES: CONVERSE / PANTS: GRAMICCI

棚橋弘至さん(プロレスラー)の主張

「棚橋はコートで進化します(笑)」

「今までは真冬でも革ジャンとか短丈のアウターしか着てこなかったんですけど、今年はちょっとね、ミドル丈やロング丈も着てみようと。このアルマーニのコートはそんな思いで入手した挑戦の一着。フードのボリュームが気に入っていますし、そのフードを外せばチェスターフィールドコートにもなる仕立てもいいんですよ。42歳にしてちょっと大人になった気分(笑)。棚橋弘至、この冬はアウターとともに進化します! 実のところ、身体のサイズ的に重ね着しづらいプロレスラーにとって、いちばん便利なのってTシャツ一枚でもいけるダウンなんですよ。だから時にはそこに甘えたい気持ちにもなりつつ、ここ20年ダウンは買っていません。あ、そう言うとメーカーさんに怒られますかね…。とにかく、50歳まではダウン以外で頑張ります!」

2つのコート、もう一着は?

「ブラック棚橋」の入場時のガウンに!(噓)

「今年はコート主義」という棚橋さん。お気に入りのオフホワイト×ナイキのコートは、「広島のセレクトショップで即買いでした。ガウンっぽいからか、このオーバーサイズが自分としても馴染みがいいです!」。


Photo&Movie:Teppei Hoshida
Movie Edit:Toshihiko Egi [remocon]
Hair&Make-up:Raishirou Yokoyama[Yolken]
Interview&Text:Kai Tokuhara