model:GLENARD(グレナール)
過剰なほどのボリューム感を
デザインのアクセントとして楽しむ

コレクションのコンセプトである「プロテクション」を体現するパフィーなダウンジャケット。表面のファブリックにコットンを採用しているため肌触りが優しく、そして着心地は驚くほど軽やかだ。「身体全体がしっかり包まれている感覚の一方で、まったく重くなく着用感もストレスフリー」と竹内さんも絶賛。ジャケット¥259,000/5 モンクレール クレイグ・グリーン、ニット(参考色)¥90,000/モンクレール(ともにモンクレール ジャパン)

model:PLUNGER(プルンジャー)
多彩なステッチの切り替えと
カラーブロックで魅せる

ブランドのシンボルカラーであるトリコロールを全面に配した一着は、仕立てのテクニカルなアプローチにも注目したい。色の切り替えをステッチで区切ることで、ダウンパディングの凹凸をあえて強調。その立体感を生かして、デザインにダウンジャケットならではの個性と奥行きをもたせている。ジャケット¥233,000・パンツ¥78,000/5 モンクレール クレイグ・グリーン、ニット¥69,000/モンクレール(すべてモンクレール ジャパン)

model:HALIBUTS(ハリブッツ)
ヴァーティカルステッチで
鮮度の高さを加速させる

ブラック&ホワイトの潔いツートーンと垂直方向のステッチ使いで、より繊細で都会的な表情にシフト。さらに左肩のロゴテープで、ブランドアピールも忘れない。「これ一着でコーディネートが成立するファッション性と、優れた保温性を持ち合わせているのがさすが」と竹内さん。ルックスと機能を高いレベルで備えたモンクレールならではの傑作アウターだ。ジャケット¥242,000/5 モンクレール クレイグ・グリーン(モンクレール ジャパン)

model:PORPOISE(ポーポイズ)
ベンチコート風の顔立ちが
レトロで、今また新しい

「ボタンを開けたときのふわりとしたシルエットがキレイ」と語るオーバーサイズのコート。ダウンをふんだんに使ったボリューム感と、どこか懐かしい膝丈フォルムが愛らしくてユニークだ。そのレトロな感性をモダンなスタイルに取り入れて楽しみたい。
コート¥233,000・パンツ¥78,000/5 モンクレール クレイグ・グリーン、ニット(参考色)¥90,000・シューズ「EGIDE」¥88,000/モンクレール(すべてモンクレール ジャパン)


モンクレール ジャパン
TEL:03-3486-2110
www.moncler.jp

モンクレール ジーニアス 公式サイト
www.monclergenius.com


竹内涼真 Ryoma Takeuchi
1993年東京都生まれ。3冊目の写真集『Ryoma Takeuchi』が発売中。主演映画『センセイ君主』が公開中。最新情報は公式ブログにて。https://lineblog.me/takeuchiryoma/

Model:Ryoma Takeuchi
Videographer:Quark tokyo
Photos:Shinichiro Shiraishi
Hair&Make-up:Tomokatsu Sato
Stylist:Naoki Ikeda