色や柄は昔から自分のベーシック。
大人になっても好きなものは残る

 芯を感じさせる演技同様、青木崇高さんの服選びは実に潔い。
「服は気分でしかない。ルールなどは考えずに着たいものを着ますし、そのつど高揚感を得られる服を優先します。ユルくいきたいときに海パンで街を歩いたり、逆にバチッと『かましたい』ときは今日みたいなセットアップも着ます」。
 この日のパープルのタイダイTも着慣れた風情。
「色や柄は好きです。差したり、前面に押し出したり。年齢を重ねても好きなものは残りますから」。
 原点は10代の頃に観て、惹かれた映画にあるそう。
「『マイ・プライベート・アイダホ』でリバー・フェニックスが着た赤いコーデュロイジャケットや黄色のシャツがカッコよくて。当時は無理に真似をしても似合わなかったのですが、その背伸びをした経験が今につながっているのかなと。『これが着たいんだ』という心構えを大事にしたいです」。

ジャケット¥48,000・パンツ¥28,000/グラフペーパー Tシャツ¥12,000/SEVEN BY SEVEN その他/スタイリスト私物


青木崇高 MUNETAKA AOKI
1980年大阪府生まれ。現在NHK大河ドラマ「西郷どん」で島津久光役を熱演中。男らしい風貌と深みのある演技で映画やドラマに引っ張りだこ。最新の出演映画『かぞくいろ』が11月30日(金)より公開予定。

グラフペーパー TEL:03-6418-9402
SEVEN.BY.SEVEN URL:http://seven-by-seven.com/

Photos:Go Tanabe
Composition&Text:Kai Tokuhara
Hair&Make-up:NANA
Stylist:Naoki Ikeda
Movie:Hiroki Honma

SHARE