優れたサウンドとタイムレスなデザインで世界中のオーディオファンに愛されるデンマーク発のラグジュアリーライフスタイルブランド Bang&Olufsen(バング&オルフセン)より、最新の8K有機ELテレビを採用した「Beovision Harmony 88 インチ」が登場だ。

卓越したクラフツマンシップと最新のテクノロジー、そして洗練されたデザインが三位一体となった「Beovision Harmony」は、もともと2019年のミラノデザインウィークにて発表されたプロダクト。その仕上がりは動作までも美しく、テレビをオフにするとモニターがフロア近くまで下降し、オーク材とアルミニウムで仕立てたスピーカーが優雅にモニター中心に覆いかぶさり、テレビをオンにすると蝶の羽のように開いてモニターが視聴位置まで上昇するという仕組みだ。

そんな「Beovision Harmony」最新モデルの「Beovision Harmony 88 インチ」は、シリーズ最大となる2メートル幅の大画面で、LG Electronics社最新の有機EL8Kモニターを採用。従来の4K映像の4倍、HD映像の16倍もの高精細な8K映像技術と、高性能プロセッサーを搭載し、息を飲むほどの映像体験を実現。さらに独自のAIディープラーニング処理により、なんと8K以下のコンテンツも8Kにアップスケーリングし、映画もスポーツも音楽ライブ映像も、あらゆるコンテンツをリアルな臨場感で楽しめる!



左からナチュラルオーク×シルバー、スモークオーク×ブラス調、スモークーオーク×ブロンズ調


サウンド面では3チャンネルのスピーカーシステムとデュアルのサブウーファーを搭載。また、バング&オルフセンのスピーカー拡張機能にも対応し、最大で8つの Beolabシリーズスピーカーを接続可能で、映画館に匹敵する本格的な7.1チャンネルのサラウンドシステムを構築することも。なお、スピーカーカバーはナチュラルカラーとスモークカラーの2色のオーク材に加えて、ウォルナット材、ファブリック生地の3つの組み合わせ素材から選べる。



おうちを映画館にする究極の8Kテレビ「Beovision Harmony 88 インチ」は、全国のバング&オルフセン直営店にて発売中。8月25日(火)までの期間限定でバング&オルフセン 銀座に展示されているので、圧巻の映像とサウンドを体験しに足を運んでみよう。


Beovision Harmony 88インチ
ベースモデル参考価格:¥6,900,000
カラー:ナチュラルオーク×シルバー/ウォルナット×ブロンズ調/スモークオーク×ブロンズ調/グレイメランジファブリック×シルバー/木材もしくはファブリック素材のカラー×アルミ素材のカラー
販売店舗:Bang&Olufsen 赤坂、秋葉原、日本橋、銀座、六本木、西武渋谷、伊勢丹新宿、埼玉、栄、梅田、岡山、ニューオータニ博多
※上記はリモコンを含む製品一式の価格。別途、送料および設置費用が必要です。また受注製品ため納期は3カ月以上必要になります。

バング・アンド・オルフセン・ジャパン TEL:03-6434-5025
www.bang-olufsen.com/ja