圧迫感を与えないから暑苦しくない!

寝室にも設置可能にするため、高さ・横幅をたっぷりとりながら奥行きは必要最小限。無理なくレイアウトでき、効率的に作業できるデスクは、佐賀県諸富町で製作される家具ブランドのもの。座り仕事が続いてもノーストレスのストレッチがきいたセットアップスタイルで。デスク 幅1200㎜×奥行き470㎜×高さ730㎜ ¥122,000/Ariake(レグナテック) 椅子 BM1106 HUNTSMAN CHAIR 幅670㎜×奥行き620㎜×高さ840㎜ ¥258,000〜/カール・ハンセン&サン(カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア東京) 折りたたみ椅子 幅470㎜×奥行き460㎜×高さ750㎜ ¥36,000/メトロクス東京 盆栽用霧吹き¥3,818/(THISIS)SHIZEN 照明¥110,000/NUURA(リンクインクープ) マグカップ¥6,800/ヒースセラミックス・香木¥1,200/ホールツリー(ともにプレイマウンテン) 花器¥110,000/JOAQUIN BERAO(リビング・モティーフ) ビーカー¥7,000/Hender scheme・ワックス¥1,900/YAY・キャンドル¥8,500/LO(すべてシボネ) コロン¥10,000・ルームスプレー¥5,000/バウム シャツ¥16,000・パンツ¥18,000/ユナイテッドアローズ&サンズ by ダイスケ オバナ(ユナイテッドアローズ&サンズ) Tシャツ¥11,000/サンスペル(サンスペル 表参道店) ヴィンテージの時計¥198,000/江口時計店 ソックス¥3,200/フィルメランジェ シューズ¥25,000/パラブーツ(パラブーツ青山店) メガネ(着用分)メガネ¥40,000/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)


DESKコンパクト&軽量!
CHAIRカンチレバーで程よい弾力

無垢のオーク材のやわらかな表情を生かして作られたカフェテーブル。ノートPCやタブレット程度の作業ならこれくらいコンパクトなテーブルで。ハンガリー出身の建築家・デザイナーのマルセル・ブロイヤーがデザインしたことで知られ、現代でも世界中で愛されているチェスカチェア。カンチレバー構造による、弾力のある座り心地で長時間の作業も快適。テーブル 直径600㎜×高さ730㎜ ¥77,500/Sai series(リーフデザインパーク) 椅子 幅460㎜×奥行き580㎜×高さ800㎜ ¥98,000/knoll(ノルジャパン ショールーム)


DESK好みの高さに調節できる!
CHAIR座り心地も快適!

2005年にデンマーク人デザイナー、キャスパー・サルトによりデザインされた名作テーブル「リトルフレンド」。持ち運びでの移動を前提に作られ、サイドテーブルやワークデスクとして使えるなど高ユーティリティ。椅子はフィンランド発の注目のブランド。優しいアッシュ材の木部とナチュラルなタンレザーの組み合わせが素朴な印象だ。テーブル 直径450㎜×高さ500〜730㎜ ¥165,000/フリッツ・ハンセン(フリッツ・ハンセン青山本店) 椅子 幅650㎜×奥行き510㎜×高さ450㎜ ¥110,000/GEDIGO(リビング・モティーフ)


DESK&CHAIRホイール付きで 移動も簡単!

バウハウスの理念を受け継ぐドイツブランド、TECTAの昇降式サイドテーブル「K22R」。レッグがL字形構造で、ソファやベッドのコーナーなどに差し込んで設置すれば省スペース! フランス人デザイナー、ピエール・ポランが手がけたデスクチェアをポラン財団監修のもと2018年に復刻。脚部のスチールロッドと背座面のマットなレザーの組み合わせがシック。テーブル 幅600㎜×奥行き450㎜×高さ500~800㎜ ¥72,000/TECTA(アクタス)※8月中旬発売 椅子 幅370㎜×奥行き470㎜×高さ730〜890㎜ ¥65,000/メトロクス東京


掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Taro Hirayama
Hair&Make-up:Rumi Hirose
Stylist:Masanori Takahashi Takashi Imayoshi
Model:Yuji Matsumoto