吉田直嗣さん NAOTSUGU YOSHIDA
43歳/陶芸家
静岡県小山町 97.3㎡ 夫婦+子ども2人
1976年静岡県生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家の黒田泰蔵氏に師事。2003年に独立し、静岡県の富士山麓に窯を築く。以降、白と黒のうつわを中心に作陶を行っている。

とにかく森が見えるようにしたかった

リビングダイニングは明るく開放的な吹き抜けに。天井高は6.5mもあり、森に面した南向きの開口部からは日差しがたっぷりと入る。

アトリエ側から見た家屋。切妻屋根の角度は吉田さんのこだわり。「構造的な理由とかではなく、あくまでも僕の好みです(笑)」。


  富士山を間近に望む高台の一画。背後に広大な森が広がるこの地に吉田さんの住居兼アトリエはある。2年ほど前に建て替えをし、その際にこだわったのは森をメインにすることだった。
「建て替えのタイミングでほかの土地もいくつか見ましたが、やはりこの森のある環境がいちばんでした。この辺りだと、富士山ビューにするのが一般的ですけど、僕はとにかく家の中から森が見えるようにしたかったので、それに合わせて家の角度を決め、森に面したリビングダイニングは全面ガラスにしました」
 日中は家の奥まで日が差し込み、反対に夜は真っ暗になって、シカやタヌキが来ることもあるとか。
「森を通じて季節の変化を感じられるところが気に入っています。冬になると一面の銀世界が広がって、それもまた素晴らしいんですよ」


窓枠で切り取られた景色はまるで額縁に収められた絵画のよう。横にあるモーエンス・コッホのフォールディングチェアはお気に入りの一脚。吉田さんはこの小さな窓から森に抜ける眺めが実はいちばんのお気に入りなのだそう。


欲しいものがなくて、自分でつくり始めたのが陶芸の道に進むきっかけだったため、家にあるうつわは基本的に自作のものを使っている。「家に人が来ると、決まってどんなうつわを使っているのか見たいと言われるので、中にしまうのではなく、あえて見せる収納にしている」。


キッチンは、見た目と機能性を考えてステンレス製にこだわった。東側に面した窓からは自然光が入り込み、外には森の景色が広がる。「こっち側に見える森も好きです」と吉田さん。


家を建て替えるにあたって、「自分がつくるうつわに合う家」というのも大事なポイントであった。抑制のきいたミニマルで端正な空間は、確かに吉田さんの作品と通じるものがある。


Photos:Shota Matsumoto 
Composition&Text:Masayuki Sawada