江戸川区新堀で盆栽の奥深さを知る

作業に集中…。最初は難しかったけど徐々に慣れてきた!

作業に集中…。最初は難しかったけど徐々に慣れてきた!

今回訪れたのは「春花園BONSAI美術館」。先日実家に帰ったときに祖母が育てている盆栽を見て、私もやってみたい!と思ったんです。ここでは盆栽教室も行われていて、初心者でも簡単に盆栽の手入れを体験できるそう。早速私もトライ! まずは盆栽をよく観察し、どこをどのように形づくったらよくなるかを考えます。今回盆栽を教えてくれた小林國雄先生曰く、線と空間で美をつくることを心がけるのがまずは重要なのだとか。作業のコツを教わりながら、枝の先まで丁寧に針金を巻いて“しつけ”をしていきます。初めは訳もわからずに手を動かしていたけれど、作業を進めるうちに形に変化が。ビフォーの写真と比べると、ダイナミックさが出ました。約1時間の体験でしたが、盆栽の第一歩を踏み出せて大満足。持って帰って、家族に披露しなきゃ!



先生が教えてくれた盆栽に大切な4つのキーワード 盆栽作り

先生が教えてくれた盆栽に大切な4つのキーワードは、「個性」「調和」「品位」「らしさ」。また盆栽作りの機会があったら、次はもっと自分らしさを表現してみたいな。



在原みゆき

館内には盆栽がたくさん。それぞれ個性が違って、見ていて楽しいです

館内の様子

館内は日本情緒にあふれ、歩いているだけでも心が癒やされます。掛け軸や盆栽、水石を飾ることで感性を表現する“景道”のお稽古に使われるという茶室も素敵な空間でした。



新東京スーベニア 009
「春花園BONSAI美術館」の盆栽

BEFORE

盆栽 BEFORE

AFTER

盆栽 AFTER

完成〜! 動きに大胆さが増して見違えるかっこよさ!



在原みゆきと小林國雄先生

先生、ありがとうございました!

小林國雄先生は過去に内閣総理大臣賞を4度受賞している、日本を代表する盆栽作家。「撮影の記念に」とご自身の著書にサインを入れてくださいました! ずっと大切にします。



春花園BONSAI美術館


東京都江戸川区新堀1-29-16
TEL:03-3670-8622
盆栽体験は1人5000円(入館料1000円込み)。プラス3000円で持ち帰りが可能。


在原みゆ紀
1998年千葉県生まれ。この夏は仕事でニュージーランドへ行き、つかの間の冬を楽しみました。



Photos:Sakai De Jun
Composition&Text:Momoka Oba

SERIES

「在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!」の記事一覧

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.12 上野・アメ横編|「新谷商店」の珍味

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.12 上野・アメ横編|「新谷商店」の珍味

在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!_VOL.11 下北沢編_パンニャのスパイスキット_02

【在原みゆ紀が認定! 新東京スーベニア!】VOL.11 下北沢編|「パンニャ」のスパイスキット

在原みゆ紀_成城アルプス_洋菓子店_S

【在原みゆ紀が認定! 新東京スーベニア!】VOL.10 成城編|「成城パン」の甘いパンたち

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.9 江戸川区新堀編|「春花園BONSAI美術館」の盆栽

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.9 江戸川区新堀編|「春花園BONSAI美術館」の盆栽

【在原みゆ紀が認定! 新東京スーベニア!】VOL.8 熱海編|「阿部商店」のいいらまんじゅう_02

【在原みゆ紀が認定! 新東京スーベニア!】VOL.8 熱海編|「阿部商店」のいいらまんじゅう

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.7 新大久保編|「韓国広場」の豚足とスンデ

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.7 新大久保編|「韓国広場」の豚足とスンデ

上野_国立科学博物館_ティラノサウルスの全身骨格_02

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.6 上野編|「国立科学博物館」のルーシーのぬいぐるみ

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.5巣鴨〜大塚編|「ぼんご」のおにぎり

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.5巣鴨〜大塚編|「ぼんご」のおにぎり

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.4「井の頭公園」で見つけた「籠蔵」の餃子_02

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.4「井の頭公園」で見つけた「籠蔵」の餃子

在原みゆき_新東京スーベニア!_麻布十番

【在原みゆきが認定! 新東京スーベニア!】VOL.3「麻布十番」で見つけた「紀文堂」の人形焼き

在原みゆき_

【在原みゆ紀が認定! 新東京スーベニア!】VOL.1 古き良き下町の「湯島」で最高のオヤツを見つけた!