早崎篤史さん
「TEMBEA」 デザイナー

秘密基地で見ていた炎が
いまも忘れられない

都心から1時間30分ほどのところに早崎さんのセカンドハウスはある。ボーイスカウト出身で根っからのアウトドアマンとして登山やキャンプにハマり、この自然豊かな場所を選んだそうだ。

「子どもの頃、とにかく火遊びが好きで、友達と作った秘密基地でよく遊んでました(笑)。セカンドハウスの購入を決めたのも、焚き火ができて暖炉がある、火を近くに感じられる場所が欲しかったから。そういった原体験と人間の本能が、この場所に導いてくれたのかもしれません」

この日もすでに一仕事終えたようで、ツナギに長靴という本格的ないでたちで出迎えてくれた。「アウトドアは僕にとってコスプレみたいなもの。まずは服装から楽しんでいます」。

HETAの特大焚き火台には火がともされ、薪割りをした形跡がある。

「セカンドハウスを持つまでは、焚き火をアクティビティの一つととらえていたけど、いまは生活の一部になっている。秋を過ぎると葉っぱや枝が落ち始め、否が応にも燃やさないといけない。思っていたセカンドハウスライフではなく、自然との共生はなかなか苦労の連続です(笑)」

あちらこちらに薪や木が積まれているが、伐採作業以外は、すべて自身で行い、チェーンソーやノコギリで使いやすいサイズにカットしている。

「地道な作業の連続で疲れ果てているはずなのに、一日の最後に焚き火をすると不思議と疲れが抜け、商品アイデアが浮かぶこともある。実際、『BH TOTE』というバケツ型のトートバッグは、薪を入れるのにあったら便利だなと思って作りました」


デンマーク製の「HETA」の焚き火台は3サイズ展開される中でいちばん大きいものをチョイス。さびを生かしたデザインは海外製品ならではの発想。

焚き火、暖炉用にストックされている薪。購入せずに敷地内の木だけで賄っている。

灯油ストーブより暖炉のほうが芯まで温まるので、冬場でも室内は半袖でいられるほど、ぽかぽかと暖かい。

伐採されたまま放置している木々を見ると憂鬱になる」と薪割りに重たい腰が上がらないようだが、冬を越すには必需品なので自分に活を入れ、作業している。



Photos:Takahiro Idenoshita
Text:Masaya Ino