バブアーをもっと深く楽しむために…各店舗で3つのコンテンツがスタート

アウターが本格的に活躍しはじめる秋本番を前に、Barbour(バブアー)の国内13店舗にて、9月1日より「Barbour. WAX FOR LIFE」と名付けられたプロジェクトがスタートする。このプロジェクトで用意されているのが、以下の3つのコンテンツだ。



まずはじめに、店頭にてワックス注入の実演を行い、ジャケットを蘇らせる「RE-WAX」
次に、ワックスドジャケットの有償回収とリメイク古着を限定販売する「RE-LOVED」
そして、店頭で購入したジャケットに無料で刺繍を入れてもらえる「My Barbour」だ。



中でももっとも注目したいのは、「RE-WAX」だ。


英国の老舗、バブアーのワックスドジャケットは、生地にワックスを塗り込むことで防水性が増し、なおかつ丈夫で破れにくくしてくれる。元々、水辺仕事の多い漁師に向けて開発されたものだが、雨の多い英国では手軽に雨を防いでくれると重宝されることとなった。その利便性の高さもあり、英国王室御用達を意味する「ロイヤルワラント」も授与されている。

高い機能性と風格あるルックスで日本でもファンの多いワックスドジャケットだが、長く愛用するためにはワックスのケア作業「RE-WAX」を欠かさないことが重要。


今プロジェクトでは、店頭にて経験豊かなスタッフがそのケア作業「RE-WAX」の正しい方法を実演でレクチャーしてくれる。ジャケットにワックスを塗り込んでいくと、みるみるうちに生地が本来の風合いを取り戻していく様子は必見!

コツを覚えれば自宅で自身でも作業可能な「RE-WAX」のノウハウを間近で見学できる貴重な機会となっている。



店頭では「RE-WAX」を自宅で行うためのワックスも購入可能。ソーンプルーフドレッシング ¥2750

このほかにも、長年使用したワックスドジャケットを8000円分のバウチャーと引き換えに回収してくれるサービスと、事前に回収した古着のワックスドジャケットのリメイク販売を行う「RE-LOVED」にも注目。

また、店頭で購入したワックスドジャケットに無料で刺繍を入れてもらえるサービス「My Barbour」もこの期間中に行われる。



これから秋の訪れとともに活躍すること間違いないバブアーのワックスドジャケット。手持ちのアイテムをケアするもよし、新作を手に入れて刺しゅうのカスタマイズを楽しむもよし、バブアーとのもっと深い付き合いを、秋本番前にはじめてみてはどうだろう。


「Barbour. WAX FOR LIFE」開催店舗

バブアー伊勢丹新宿店:2021年9月1日(水)〜9月14日(火)
バブアー岩田屋店:2021年9月4日(土)〜9月10日(金)
バブアー大丸東京店:2021年9月15日(水)〜9月21日(火)
バブアー渋谷店:2021年9月17日(金)〜9月26日(日)
バブアー神戸店:2021年9月17日(金)〜9月26日(日)
バブアー西武池袋店:2021年10月1日(金)〜10月7日(木)
バブアー大丸札幌店:2021年10月1日(金)〜10月12日(火)
バブアー銀座店:2021年10月2日(土)〜10月11日(月)
FREAK’S STORE 渋谷店:2021年10月18日(月)〜10月24日(日)
ビームス銀座:2021年10月22日(金)〜10月29日(金)
ジャーナルスタンダード 名古屋タカシマヤ ゲートタワーモール店:2021年10月29日(金)〜11月4日(木)
ビームス広島:2021年11月2日(火)〜11月8日(月)
Le Dome ルミネ横浜店:2021年11月8日(月)〜11月14日(日)

特設サイトはこちら

text:Ryoma Tsukahara