"リヒト"

「すぐにポチれる」好きな服を着て公園に行こう 第5回:リヒトが新豊洲 TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ARTへ行くいま公園が面白い。さまざまな趣向を凝らした話題のスポットに、話題の男たちが好きなブランドの新作をまといお出かけ。着用アイテムは記事内のリンクから、即購入可能!リヒトのWORKING MAN in PORTLAND Vol.1「TOUGH DUCKのフーデッドボンバージャケットを着て、クリスマスツリーの飾りつけ!」米ポートランドで暮らすリヒト(UOMOモデル)が、アメリカの働く男たちが愛用する「ガチなワークウェア」を着こなしながら、庭仕事やDIYにチャレンジする新企画がスタート。第1回は、ガーデナー(庭師)御用達のジャケットを着て、庭のもみの木を飾りつける様子をセルフ撮影でお届けします。定番ミリタリー「スノーパンツ」、スタイリスト対抗・文化系大人コーデ対決ここ最近、モダナイズされることも多い4種類のミリタリーウェアを使って、本誌でもお馴染みのスタイリストがコーディネートバトル! 三者三様のスタイリングから“ガチモノ”の着こなしの正解を考える。【男の簡単お菓子作り】コーヒーにも酒にも相性良し。はじめてでも失敗しないベイクドチーズケーキお菓子なんて買えばいいでしょ、ってのはもはや昔の話。最近は豊富なおうち時間でお菓子作りを始めた40歳男子が急増中。食べるだけでは飽き足らなくなった甘党の乙女おっさんが集結!大人モデル・リヒトの、ニューノーマルなシャツスタイル3選働き方やライフスタイルが変化し、家にいる時間が増えたことであらためていま必要な服を見つめ直した40歳男子たち。外出を自粛することになっても、ファッションを楽しむことは自粛しない! そんな彼らがたどりついた新たなスタイルをお届け。人気定番アイテムが完売知らず! グラフペーパーの話題の新ショップにモデル・リヒトが行ってみた早耳ファッションニュース、グラフペーパーの人気定番アイテムが、欲しい時にいつでも手に入るうれしいショップの全貌を、モデル・リヒトが調査。週に一度の芝刈りはアークテリクスのスニーカーで【40歳男子の「きょう何着てた?」#14】たとえ誰にも会わなくても、おしゃれにだけは手を抜かない。そんな服好きたちの日々の着こなしを、リモートスナップ!モデル・リヒトのリラクシングな在宅コーデ@ポートランド【40歳男子の「きょう何着てた?」#06】たとえ誰にも会わなくても、おしゃれにだけは手を抜かない。そんな服好きたちの日々の着こなしを、リモートスナップ!大人モデル3人がこの春イチ気に入ったモノ。私服ミックスコーデで披露!UOMO本誌で活躍する大人モデルたちが、ガチ試着して選んだこの春のNo. 1アウターを、自らの私服とミックスしてコーディネート。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがゼニスを選んだら…クロノグラフの名門ゼニスはメカが話題になりがちだが、実は一部愛好家からは、あの“次元大介の時計”として有名。スーツをクールに着こなすルパンの相棒、次元の男らしさを、時計とファッションでリンクさせる。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがジャガー・ルクルトを選んだら…時計好きの憧れである「レベルソ」は、1931年に誕生したスタイルを受け継ぐマスターピース。それゆえクラシックな印象が強いが、スポーティなアイテムと一緒に日常使いするのも楽しそうだ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがA.ランゲ&ゾーネを選んだら…ドイツ時計の最高峰である「A.ランゲ&ゾーネ」は、考え抜かれた機能美が魅力となっている。こういう知性あふれる時計には、あえてカッティングにこだわった構築的なスタイルを合わせてみたい。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがシャネルを選んだら…ブラックやホワイトの艶やかなセラミック素材を使った傑作、シャネル「J12」がリニューアル。個性の強い時計だからこそ、ファッションはシルエットや素材の工夫でバランスを意識したい。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがチューダーを選んだら…昨年の秋、ついに待望の日本上陸を果たした「チューダー」。冒険家から愛され、海軍用時計に広く使われてきたタフウォッチは、大人のリアルな休日時計としても活躍してくれる。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがオメガを選んだら…過去の傑作を甦らせる“復刻モデル”。歴史あるオメガは、過去のアーカイブを正確にトレースしながら、現代的にアップデートした。レトロなだけではないモダンな雰囲気が、冬の装いに華やぎを加えるのだ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがロジェ・デュブイを選んだら…創業数百年という老舗が多い時計業界で、約20年でトップクラスのブランドになった「ロジェ・デュブイ」。その原動力である華やかなデザインを、手元のアクセントとして使うのがリヒト流だ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがブランパンを選んだら…クラシックの定番「ブランパン」を自分らしく使いこなすなら、ファッションでひねりをきかせたい。今季注目のトラッドスタイルをアイテムやシルエットで遊ぶと、時計の上質さが際立ってくるのだ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがIWCを選んだら…軍用時計として生まれたIWCの「パイロット・ウォッチ」は、どうしてもラギッドなムードになりがち。しかし、スタイリングに“かわいげ”をちりばめることで、航空計器のような機能美デザインが引き立ってくる。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがウブロを選んだら…“艶っぽい”や“華やか”といったイメージがあるウブロは、クラシック好みの40歳男子にとっては、少々、難しい時計と思われがち。しかし時計と服の色合わせを遊べば、いい感じに取り入れられるのだ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがロンジンを選んだら…肉厚で武骨なデザインをもつダイバーズウォッチは、カジュアルスタイルとの相性がよい。しかしロンジンの復刻ダイバーズは、クラシックでエレガント。だからスーツに合わせるのが面白いのだ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがグランドセイコーを選んだら…高級時計といえばスイスというイメージが強いが、日本にだって世界と互角以上に戦える時計がある。「グランドセイコー」は、日本のモノづくりの精神を楽しむ時計。だから洋服も“ジャパン・ブランド”を意識したい。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがタグ・ホイヤーを選んだら…モータースポーツと深い関係をもち続けているタグ・ホイヤー。今回リヒトが選んだのは、1969年に生まれた「モナコ」の復刻版。スポーツウォッチの名門ならではの、歴史の深みを楽しめる時計だ。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがパテック フィリップを選んだら…時計好きなら誰もが憧れる名門、パテック フィリップ。クラシックな時計が得意だが、今回リヒトが選んだのは、スポーティな「ノーチラス」だ。さて、その着こなしはどうすれば…?【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがハミルトンを選んだら…若かりし頃に愛用した時計「ハミルトン」との再会はうれしいもの。年齢を重ね、大人になった今こそ、ファッションとの組み合わせで成長した自分を表現したい。【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがヴァシュロン・コンスタンタンを選んだら…スイス屈指の老舗ブランド「ヴァシュロン・コンスタンタン」は、機能的でスポーティなモデルであっても、どこかラグジュアリー。上質でシンプルな装いを引き立てる効果がある。僕が最近FARFETCHで買ったもの〈UOMOモデル リヒトの場合〉「欲しいもの以上」が見つかる、と評判のファーフェッチは、世界中のブランド&ショップとつながる夢のウェブサイト。最近、ファーフェッチで買い物を楽しんだというファッション好きの40歳男子がポチッたものは一体?大人のダウンはどう着る? リヒトの「ビッグ×ビッグ」なバランスが新鮮!この冬、おしゃれな男は2つのコートを着る。そこにはきっと自分自身にしかわからない嗜好やこだわりがあるはず。UOMO専属モデル・リヒトさんは何を選び、どう着こなしている?トレンドの「おっさんず服」、大人はどう着る? モデル・リヒトの私服にヒントクラシックでいなたい雰囲気が魅力の“おっさんず服”は今季の注目スタイルのひとつ。「トレンドに関係なく、昔からおっさんず服が好きでした」というモデル・リヒトのお気に入りはこの7着。それぞれのエピソードとともに着こなしのコツを教えてくれた。新作時計「サントス ドゥ カルティエ」と現代の開拓者。3人のThe Santos Man世界初の実用的な男性用腕時計として知られる「サントス ドゥ カルティエ」が現代的にアップデートされた。身につけたのは新しい道を切り開きながら人生を歩む3人の現代の開拓者たち。革新、挑戦、スリル。その道を選択することの愉しみとは。「スキー+寿司」が大人の新しい遊び方! 札幌の絶品寿司2店話題の星野リゾート トマムでスキーを楽しんだ後、札幌に立ち寄って是非訪れたいお寿司の名店がこちら。帰りの道中まで無駄なく楽しみ尽くすのが大人!【連載 40歳男子に似合う時計】リヒトがブレゲを選んだら…手元のアクセサリーとなる時計は、ファッションと切っても切れない関係にある。その正しいマッチングをリヒトが探る連載。今回は「ブレゲ」の名作クラシックウォッチを選択。さて、彼は時計をどう着こなすのか?UOMOモデルリヒト、なぜ僕が「FARFETCH」でこれを買ったのか。40歳男子、「FARFETCH」のある生活。