"シトロエン"

シトロエン ベルランゴ|商用車ベースだけどロングドライブも快適【文化系男子のファミリーカー選び】UOMO世代の大人は、実際にファミリーカーをどう選び、乗っているのか。結論から言えば、とにかく自由であることがわかった。そして、家族みんながそのクルマ選びに賛同していることが何より素敵だ。子どもたちと、妻と、愛犬と。58組の「家族とクルマの関係」をお届けする。シトロエン AX 14TRS|リアフェンダーのアーチがシトロエンらしさ【文化系男子のファミリーカー選び】UOMO世代の大人は、実際にファミリーカーをどう選び、乗っているのか。結論から言えば、とにかく自由であることがわかった。そして、家族みんながそのクルマ選びに賛同していることが何より素敵だ。子どもたちと、妻と、愛犬と。58組の「家族とクルマの関係」をお届けする。シトロエン C6|ハイドロシトロエン最後のフラッグシップ。現行車に負けない極上の乗り心地です【文化系男子のファミリーカー選び】UOMO世代の大人は、実際にファミリーカーをどう選び、乗っているのか。結論から言えば、とにかく自由であることがわかった。そして、家族みんながそのクルマ選びに賛同していることが何より素敵だ。子どもたちと、妻と、愛犬と。58組の「家族とクルマの関係」をお届けする。シトロエン エグザンティア ブレーク| 妻は「伏せしている犬みたい」って言ってます(笑)【文化系男子のファミリーカー選び】UOMO世代の大人は、実際にファミリーカーをどう選び、乗っているのか。結論から言えば、とにかく自由であることがわかった。そして、家族みんながそのクルマ選びに賛同していることが何より素敵だ。子どもたちと、妻と、愛犬と。58組の「家族とクルマの関係」をお届けする。軽自動車よりも小ぶりなEV「マイクロモビリティ」急増中!? 【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.21】カーボンニュートラルな環境意識の高まりとともに続々と誕生しているEV。もはや次にクルマを買うならEVしかない? 今回は、飛行機の操縦桿のようなデザインである「ヨークステアリング」を装備したクルマについて。シトロエン AX 14TRS(1989年式)|シトロエンのハイドロ“じゃないほう”の隠れた魅力【文化系ネオクラシック車と30人の男たち】シトロエンの古い車種は、ハイドロ ニューマティック サスペンションという独自の機構とともに知られることが多い。だがシトロエンの魅力は、通常のコイルサスペンション(バネサス)を用いたモデルにおいてもまったく褪せることがない。例えば小型ハッチバックのAXは、知る人ぞ知るバネサスシトロエンの名作だ。「シトロエン・エグザンティア ブレーク」(1996年式)|ハイドロの極楽な乗り心地から抜け出せない【文化系ネオクラシック車と30人の男たち】ネオクラなクルマに求める理由のひとつに「今のクルマでは得られないアナログな乗り味」というのがある。それはコストを度外視してつくられた乗用車の滑らかな乗り心地であったり、大衆的な小型車のチープさが逆に味わい深く感じられたりと、人によってさまざま。フランスが誇る異端、シトロエンはそのどちらにも属さないのだが、オイルと窒素ガスを混ぜたハイドロニューマティックサスペンション(ハイドロ)による柔らかな乗り心地は筆舌に尽くしがたいもので、今もこの複雑なサスを採用していた時代のシトロエンを求めるファンは多い。今回は、そんなシトロエンの“色”が濃く残る「エグザンティア」(1993~2001)をご紹介。【Gallery】おしゃれな大人が乗るクルマ|魔法の絨毯のような「シトロエンCX 25TGI サファリ」ファッションにこだわる人は、どんなクルマに乗っているのだろう? そんな興味から始まった、お洒落な人と愛車を探訪する連載企画。値段で選ぶのか、デザインに惚れたのか、それとも走りにシビれたのか。今回はSUN/kakke(サンカッケー)デザイナーの尾崎雄飛さんに、シトロエンCX 25TGI サファリとの出会いと、ともに暮らした3年半を振り返っていただいた。ランドクルーザー70、ゲレンデヴァーゲン…ちょっと古いクルマを選ぶ「おしゃれな大人の愛車」まとめトヨタ「ランドクルーザー」の中古車人気が止まらないという。ファッションにこだわる大人は、クルマにもこだわる。いま、おしゃれなのは1980−90年代を中心とした「ちょっと古いクルマ」だ。少しくらい手がかかっても替えがたい満足感を与えてくれるという、こだわる大人の愛車をご紹介。【おしゃれな大人が乗るクルマ】魔法の絨毯のような「シトロエンCX 25TGI サファリ」ファッションにこだわる人は、どんなクルマに乗っているのだろう? そんな興味から始まった、お洒落な人と愛車を探訪する連載企画。値段で選ぶのか、デザインに惚れたのか、それとも走りにシビれたのか。今回はSUN/kakke(サンカッケー)デザイナーの尾崎雄飛さんに、シトロエンCX 25TGI サファリとの出会いと、ともに暮らした3年半を振り返っていただいた。【シトロエン BX】魔法の絨毯のような乗り心地が忘れられない|ネオクラ車をあきらめきれない大人たち#02’80年代から’90年代にかけて製造された、ネオクラシックと呼ばれるクルマが人気だ。角張った直線的なフォルムと機械的な操作性が魅力だが、故障のリスクが高いのも事実。若い頃とは環境が変わり、家庭があったり使えるお金も限られているわけで…。ただ状態のいい人気の車種は年々価格が高騰し、買うなら今がラストチャンス!?【文化系男子の車試乗レビュー】キャンプに最適なタフな一台は?〜シトロエン ベルランゴ編欲しいクルマはたくさんあるけれど、なかなか高価な買い物だから決められない。そこで、気になるカテゴリー別に二択に絞って、実際に試乗! 比べてみたのはジープの「ラングラー」とシトロエンの「ベルランゴ」という、キャンプに最適な2台。ガチキャンパーがタフだと感じたのはどっち? では「ベルランゴ」の実力を検証しよう。