"アウディ"

メルセデスとBMWになくて、ボルボとアウディにあるもの【おしゃれな大人が「見た目だけで選ぶ」クルマ座談会 PART.5】細かい蘊蓄やスペックの話は置いといて、シンプルに見た目だけでファミリーカーを選んだらどうなるか。各界のクルマ好き6名が集まり、現行モデルから発売予定のニューモデルまで、グッドルッキングなモデルについてあれこれ語ってもらいました。アウディ A4 アバント|ステーションワゴンという形に憧れがあったんです【文化系男子のファミリーカー選び】UOMO世代の大人は、実際にファミリーカーをどう選び、乗っているのか。結論から言えば、とにかく自由であることがわかった。そして、家族みんながそのクルマ選びに賛同していることが何より素敵だ。子どもたちと、妻と、愛犬と。58組の「家族とクルマの関係」をお届けする。TESLA Model X、LEXUS RZ450e…|“運転”から“操縦”の時代へ【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.20】カーボンニュートラルな環境意識の高まりとともに続々と誕生しているEV。もはや次にクルマを買うならEVしかない? 今回は、飛行機の操縦桿のようなデザインである「ヨークステアリング」を装備したクルマについて。電動SUV、テスラの“対抗”やいかに?【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.15】カーボンニュートラルな環境意識の高まりとともに続々と誕生しているEV。もはや次にクルマを買うならEVしかない? 今回はテスラに対抗する欧州&国産EVについて。Audi RS e-tron GT|アウディ最強のEVでSF名作さながらの世界へ!【文化系男子は電気自動車の夢を見るか?Vol.9】カーボンニュートラルな環境意識の高まりとともに続々と誕生しているEV。もはや次にクルマを買うならEVしかない?【文化系男子の車試乗レビュー】今売れてる車は“白”じゃない!〜アウディ A6 アヴァントの「カラットベージュメタリック」白い車ばかりうれていたのはすでに過去の話。今、白以外のボディカラーを選ぶ人が増えているという。なかでも人気のボディカラーをまとった2台を実際に試乗して比べてみた。ここでは、アウディ A6 アヴァントの「カラットベージュメタリック」を見ていこう。