photo
photo
photo
prevnext
 

西小山 小さかった女の「KOYAMAチキンカレー」(右)と「東京キーマ」(左)
キンマサタカさん(エディター)

目黒線・西小山駅から徒歩3分の場所にある一風変わった店名が印象的な小さかった女は、スパイスカレーが愛される女性二人で営むカフェ。「KOYAMAチキンカレー」(¥950)は大胆なスパイス使いが印象に残る、意欲的なチキンカレーではあるけれど、どこか懐かしく感じるのは、しょうゆにも似た和のテイストを感じさせるからだ。かわいらしい見た目だが、本格的に辛いから油断もできない。カレーはいつだって真剣勝負だ。耳をすませば聞こえるだろう、スパイスの叫びが。スプーンを持つ手は自分の意思を持ち、やがて止まらなくなる。スプーンと器が触れ合う音がリズムを刻む。カレーソースは口の中でライスとふたたび出会う。私は恍惚とした表情でスプーンを口に運ぶ。そして唸る「うまい」。スパイスの香ばしさと肉の旨味をギュッと閉じ込めた「東京キーマ」(¥850)も秀逸。ともに付け合わせのキャベツのマリネもまた絶品である。