「たこパ」当日の早朝、たこ焼きに入れる新鮮な地だこを釣りあげるため、アートディレクターの藤村さんとスタッフは横須賀のマリーナにいた。仕事場でも暇さえあれば釣り雑誌を読み込み、休日の釣りに情熱を傾ける藤村さん。その愛艇「シューティングスター号」は、GPS魚群探知機や海鳥レーダーを搭載した本格的なフィッシングボートで、まさに鬼に金棒。今回はたこ餌木(エギ)を使った釣り方で、東京湾の大きな地だこを狙う。

アートディレクター藤村さんの愛艇「シューティングスター号」。

午前9時、マリーナを出港。天候はあいにくの雨。「たこパ」の準備があるため、限られた時間の中でたこをゲットしなくてはいけない。15分ほど船を進ませ漁場に到着したら、さっそくたこ釣りを開始。餌木(エギ)を海底で細かく揺らしながら、たこを誘い込む。ところが風と潮が強くどんどん沖合に流され、船の位置をキープできず悪戦苦闘。誰の竿にもアタリがこない中、キャプテン藤村がぽつりと「たこって雨が嫌いなんだよね…」 とつぶやく。

あいにくの雨の中、餌木(エギ)を海底で細かく揺らしながらアタリを待つ。

さらに風と波で船が大きくゆれ、1時間半後にはスタッフ全員船酔いでダウン。そんな中、キャプテン藤村だけが一人黙々とたこがかかる瞬間を待つ。「大人のたこパには、それにふさわしい最高のたこが不可欠」と、何度か漁場を変えながら果敢にチャレンジするも結局、時間切れ。

落胆を隠し切れないキャプテン藤村。「もうちょっとだけ時間を…」と粘ったものの、結局ボウズ。肝心のたこが無くては「たこパ」を開催できないので、急遽近くにある「横須賀東部漁協 直営店」に向かい、とれたてのマダコをゲット! こうして最悪の事態はまぬがれた。

「横須賀東部漁協 直営店」でとれたてのマダコを手に入れた。

次回はいよいよ、「ホームたこパ」を開催!

横須賀東部漁協 直営店
神奈川県横須賀市平成町3の4
TEL:046(825)8735
営業時間:10時~15時 休 火・水・木曜


movie: kinmasataka