教えてくれたのは…麻生要一郎さん

新島で東京R不動産とともに宿「saro」を運営後、都内へ。奇をてらわない滋味豊富な料理が評判で、ケータリング業も行う。来年2月には初のレシピ本を出版予定。


飲んで体調がすぐれない朝は、しじみに限る

「二日酔いを改善するには、しじみがいちばんと思っている男性が多いと思うので、それを主役にしたメニューに。実は冷凍保存もできるスグレモノで、煮るだけで旨味もたっぷり出るから、だしを加える必要なし。今回は、うどんよりものどごしがいいそうめんを使いました。副菜の切り干し大根や青瓜塩漬けは、もし余力があったら作ってみてください」

A.しじみの煮麺

材料(2人分)

そうめん 3束(150g)
しじみ(砂抜きしたもの) 150g
しょうが 1かけ
大さじ1
小さじ1
ごま油 大さじ1
青ねぎ 1本

作り方

  • ①袋の表示どおりにそうめんをゆでておく。
  • ②鍋に水(300㎖)、しじみ、せん切りにしたしょうが、酒を入れて中火にかけ、沸いてきたらアクをすくう。塩を加え、火を止める。
  • ③器に①を盛り、ごま油をたらし、②のしじみ汁を注ぐ。仕上げに刻んだ青ねぎを散らす。

B.青瓜塩漬け

材料(2人分)

青瓜 1本
大さじ1

作り方

  • ①青瓜の皮を、すべてむかずにしま模様になるようにピーラーを使う。
  • ②青瓜を縦半分に切り、種をスプーンなどで取り全体に塩をまぶす。半日ほどおいてしんなりさせたらスライスする。

C.切り干し大根の煮物

材料(2人分)

切り干し大根 30g
油揚げ 1/2枚
だし(昆布とかつお) 300㎖
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
サラダ油 大さじ1

作り方

  • ①切り干し大根は水で戻し、水けを絞る。油揚げは熱湯をかけ、細切りにする。
  • ②鍋に油をひいて切り干し大根を軽く炒め、油揚げを加えて炒め合わせる。だしを加え、約15分煮る。しょうゆとみりんを加える。

身体にしみ込む白粥のよさがわかる世代だからこそ

「40代にもなると、気力も体力も若い頃のようにはいかなくなるし、むちゃばかりしてはいけないと健康意識も高まる年頃。年々そのありがたみがわかるようになったのがお粥でして、水と一緒に鍋に入れてゆっくり炊くだけだから、初心者でも失敗なく作れます。今回はデトックスが期待できるはと麦やパクチーを加え、梅干しを添えました」

A.はと麦入り白粥

材料(2人分)

1/2合
はと麦 大さじ2
小さじ2
糸唐辛子 5本
梅干し 2個
(お好みで)パクチー 2本
(お好みで)松の実 10粒

作り方

  • ①米をよく洗い、30分ほどザルにあげておく。
  • ②①を鍋に入れ、はと麦を加える。水(600㎖)を注いで中火にかけ、沸いてきたら鍋底をそっとかき混ぜる。弱火にして箸を一本挟んでふたをする。好みのやわらかさになるまで20〜30分煮込んだら火を止め、塩を加える。途中、水分が足りないときは水を足す。
  • ③器に粥を盛り、糸唐辛子をのせ、梅干しを添える。好みでざく切りにしたパクチー、松の実をのせる。

B.野菜の塩漬け

材料(2人分)

キャベツ 1/8個
きゅうり 1本
にんじん 1/2本
みょうが 1本
しょうが 1かけ
適量

作り方

  • ①キャベツはざく切り、きゅうりは斜め薄切り、にんじん、みょうがは細切り、しょうがはせん切りにする。
  • ②ポリ袋に①を入れ、全体の重さの2%の塩を加え、袋の上からよくもみ込む。
  • ③30分ほど冷蔵庫に入れ、水分を軽くきって盛りつける。

Photos:Takashi Ehara
Composition&Text:Yukino Hirosawa