「餃子のラスベガス」では
レモンサワーと餃子を

続いては、人気のビストロ「Yorgo」が移転し、新たに二枚看板のお店としてオープンした話題の餃子屋へ。「『焼餃子』¥480(6個)をはじめ、食材や作り方にこだわった餃子はどれも評判どおりのおいしさで、オリジナルの『レモンサワー』¥550が進む進む(笑)。自分で餃子を包むことができる席もあって、そのあたりの演出も面白い」。



住所:福岡市中央区大名1-2-15 TEL:092-707-3898

「酒場 みんなの黄(こう)ちゃん」でいつもの一杯

路地裏のアパートの1階にある小さな酒場。隠れ家的な場所でありながら、夜な夜な酒好きが集まってくる。「店主の黄ちゃんは、福岡の飲みのシーンの重要人物。ちょっとしたサロン的ノリがあって、ここに行くと誰かしら知り合いがいるので、ふらっと立ち寄ることが多いです」。



住所:福岡市中央区警固1-3-6 警固フラット101 TEL:なし

prevnext

01.汁ありのアレ 02.四次元そば


「つどい」の四次元そばでシメる

はしご酒もそろそろ限界。飲みのシメはやっぱり麺というわけで、ラストは「つどい」へ。「ここは飲み屋ですけど、『汁ありのアレ』¥780とか、ユニークなネーミングの麺料理が人気。担々麺を思わせるビジュアルの『四次元そば』¥880は、鶏、牛、アサリ、エビの旨味が広がって、まさに四次元の味わい。完食でした」。



住所:福岡市中央区薬院3-7-30 新川コテージ103 TEL:なし

福岡はしご酒・梶原由景おすすめの6軒【前編】はこちら!

YOSHIKAGE KAJIWARA

「LOWERCASE」代表・クリエイティブディレクター。食へのあくなき探究心が爆発し、現在はJ:COMチャンネルで放映中の「どやメシ紀行」の企画・プロデュースも手がける。


Movie Edit:Hiroki Honma
Photos:Go Tanabe 
Text:Masayuki Sawada